« 極私的告知 2014 | トップページ | 久々にきりやできりやそば »

2014年12月 6日 (土)

蕎麦処やすいのかき揚げそばとじゃこめし

 前々から行こう行こうと気になっていた、フレッシュ8稲築店ヨコのテナントに入った十割そばの店“蕎麦処やすい”。気分が蕎麦モード全開だったので、意を決して訪麺してみるコトに。


Yasui_141206_1

 表にはシンプルな看板と、「蕎麦切り/十割そば」の染め抜いた懸垂幕。そして屋号を書いた小さな看板のみ。この素っ気無さがナカナカ立ち寄れなかった原因だった(あとで尋ねて分かったのだが、開店して2年半ほど経つらしい。2年以上も足が向かなかったのか・・・苦笑)。


Yasui_141206_2

 昼飯時にはチョット遅い時間帯だからか、引き戸を開け暖簾をくぐると先客はなし。間口の幅そのままの10畳程の四角い店内には、4人掛けのテーブル席が1つ、奥の壁に面した壁にカウンター席が4つほど。そして厨房に面したカウンターに3席ほどのこじんまりした店構え。店の一角にはアコースティックギターが置いてある。

 壁に面したカウンター席に座り、メニューを見る。かけそば600円を皮切りに1,050円の鴨南そばまでのラインナップ。温かい方もざるも同じ値段というのが嬉しい。ごぼ天そばはなかったので、かき揚げそばとじゃこめしをオーダー。


Yasui_141206_3

 しばらくして、かき揚げそばとじゃこめし登場。おそばの面立ちとかき揚げの姿は期待通り。じゃこめしは炊き込みや混ぜ込みではなく、釘煮状のじゃこが盛りつけてある。
 

 ではではと、箸を手にひと口手繰れば、挽きぐるみの風味全開の喉ごし。細く切ってあるのにしっかりしている。


Yasui_141206_4

 すめ(=おつゆ)は関東風の醤油を使った感じの色合いだが、ドコとなく九州の醤油の味を思わせる丸みと甘みがある。鰹出汁の香りもよく、挽きぐるみ十割そばのしっかりした香りとも良く合う。コレでかけが600円(ざるも)なら嬉しい一杯だ。

 かき揚げも野菜たっぷり。盛り塩が添えてあるのもナカナカ心憎い。

 面白かったのはじゃこめし。釘煮風のじゃこはあっさり目の味付けながら、山椒の香りと辛味が生きていて美味しい。しかも、たっぷり盛り付けてあって、ご飯というよりミニ丼といった感じ。ちなみにご飯メニューはほかに、「そば屋の天丼」や天むす、いなりずしがあって、そば屋さんらしいラインナップ。

 ひっそりとした地味な構えだが、ポテンシャルは高そうだ(笑)。蕎麦の旨い店が近場に増えて、嬉しい限り (* ̄ー ̄*)


noodle 蕎麦処やすい : かき揚げそば 750円、じゃこめし 250円
house 福岡県嘉麻市岩崎1478-1 地図 / 定休日 :第2、第4木曜

|

« 極私的告知 2014 | トップページ | 久々にきりやできりやそば »

もの喰う日々09.ソト飯【うどん・そば】」カテゴリの記事

もの喰う日々21.麺喰い情報」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/60768985

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦処やすいのかき揚げそばとじゃこめし:

« 極私的告知 2014 | トップページ | 久々にきりやできりやそば »