« 桜咲く 2015 | トップページ | 宮若ラーメン街道をゆく ≪2軒目≫ - 王ちゃんラーメンの大盛ラーメン - »

2015年3月 1日 (日)

宮若ラーメン街道をゆく ≪1軒目≫ - 来々軒のラーメン -

 朝から所用で飯塚へ。その後直方へ行かなければならないのだが、少し時間に余裕があったので、チョイと回り道を。

 笠城峠といえば天龍軒だが、時間も早いし、今日の目的地は宮若市だったので、残念ながらスルー。宮若市役所の若宮支所の駐車場に車を停める。そう、今日のお目当ては、先日の筑豊ラーメンフェスティバル in 本町商店街でドンピシャの味わいだった老舗ラ店来々軒だ。開店時間には少し時間があったので、車で待機。


Rairaiken_150301_1

 店先に暖簾が出たので、少し間を置いて入店。当然っちゃー当然だが、一番乗り。引き戸を開けると奥へ一直線に伸びるL字型のカウンターの角に座って、ラーメンをオーダー。席はカウンターだけでなく、奥に小上がりもあるようだ。店内は老舗の歴史を感じさせるたたずまいだが、カウンター周りははキレイにされている。


Rairaiken_150301_2

 ややあって、お店では初対麺のラーメン登場。塩味チャーシューに、キクラゲ、メンマ、細めのネギと、イニシエ系定番のラインナップ。澄んだ豚骨スープが美しい。

 スープをひと口啜ると、しみじみと広がる滋味系の味。にも書いたが、遠賀町黒門最近注目を集める片島の来来に通じる味わいだと、改めて思う。
 

 やや太めなストレート細麺も、イニシエ系ラ店ならでは。しっかりした食べ応えが、淡くも滋味あるスープと良く合う。


Rairaiken_150301_3

 今主流の白濁豚骨スープは、煮過ぎによる失敗(結局、失敗ではなかったのだが)から生まれたというのが通説なんで、本来のラーメン(というか、中華そば)のスープは、コチラが正統なのかもしれない。

 ま、そんなコトを考えながらも、ささっとスープまで完食。他のメニューに、チャンポンや餃子、おでんなどもあるのだが、ソレは次回のお楽しみというコトで。

 そうこうしているウチに、2組立て続けに入店してきた。日曜の、ソレもお昼時には早い時間に。どうやら常連さんのようで、地元に愛される老舗ラーメン店なのだなぁ、と納得。


noodle 来々軒 : ラーメン 530円、チャンポン 630円
house 福岡県宮若市福丸270-1 地図 / 定休日 : 水曜
 

|
|

« 桜咲く 2015 | トップページ | 宮若ラーメン街道をゆく ≪2軒目≫ - 王ちゃんラーメンの大盛ラーメン - »

もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】」カテゴリの記事

ナニごとか為す日々」カテゴリの記事

彷徨う日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/61214457

この記事へのトラックバック一覧です: 宮若ラーメン街道をゆく ≪1軒目≫ - 来々軒のラーメン -:

« 桜咲く 2015 | トップページ | 宮若ラーメン街道をゆく ≪2軒目≫ - 王ちゃんラーメンの大盛ラーメン - »