« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月16日 (土)

胡椒と山椒でヒーハー ww 帰ってきたボタ山丼! - 王ちゃんラーメン -

 大将による王ちゃん営業再開に気を良くして、今度はカミさん連れで王ちゃんラーメン@稲築へ。

 暖簾をくぐるとナカナカの賑わい。壁側のカウンターの奥が空いていたので、ソコへ座り、ラーメンとギョウザ。そしてコチラも復活を果たしたボタ山丼をオーダー。


Wanchan_150516_1

 漢方の風味漂う、豚骨と鶏ガラの合わせだしは好みの分かれるトコロだが、カミさんの口にも合った模様。


Wanchan_150516_2

 前回、食べるのに夢中で撮り忘れていた麺の写真。昔は生地とよもぎとまだらな感じだったが、今はキレイに練り込まれて、全体的に緑色をした麺になっている。


Wanchan_150516_3

 ギョウザも、市民プール前にあった頃と同じ感じ。懐かしくて嬉しくなってくる。
 

続きを読む "胡椒と山椒でヒーハー ww 帰ってきたボタ山丼! - 王ちゃんラーメン -"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今夜もよいちへ

 おでんと生ビールで〆めかと思いきや、ウチへ帰るモリシーを見送って、〆めの一杯を求めて、さらに彷徨う(笑)。乃ぶのそばも良かったのだが、ナンだかフラフラ南へ歩いて、今夜もよいちへ(爆)。

 ワタシより一足先に店に入る人の顔に見覚えが・・・、と思いつつ暖簾をくぐると、やはり、某有名店の大将。お連れの方がいらっしゃるようなので、挨拶もソコソコに小上がり席に座り、ラーメンとビールをオーダー(まだ飲むかww)。ちなみに瓶ビールはサッポロ黒ラベルというのが嬉しい。


Yoichi_150516_1

 ややあって、ラーメン登場。今夜のスープは、いつものより少し褐色がかっている。


Yoichi_150516_2

 ひと口啜ると、和風チックな豚骨醤油の味わい。こりゃドコかで啜った味だなぁ・・・と酔ったアタマの中をグルグル探すと、麺屋千寿のアノ味に近い感じ。ココもイロイロと試行錯誤してんのかなぁ・・・と思いつつ、カウンターのハナシにも“聴き耳”を(笑)。

 とはいえ、いつまでも人のハナシに“聴き耳”立ててるワケにはいかないんで、ビールを飲み終えた頃合いで、帰途に就く。


noodle 拉麺よいち : ラーメン 500円、瓶ビール 500円
house 福岡県飯塚市飯塚6-3 地図 / 定休日 : 日曜日
  営業時間 : 昼 11:00~14:00、夜 22:00~ (スープがなくなり次第終了)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々におでん処ながのへ

 久々にBetaとモリシーとB-spotで飲む(あいにく写真はなし m(;_ _)m)。

 夜半を過ぎ、お眠になってきたBetaを帰し、モリシーと2人で久々におでんながのへ。


Nagano_150516

 雨が近かったせいか、昼間こそ蒸暑かったが、夜半にもなるとやはり肌寒い。コンナ時は、熱々のおでんが美味い。そして、アレだけ飲んでて、さらに生ビール(笑)。

 中年オヤジの夜は、まだまだ続く(爆)。


restaurant おでん処ながの : (今夜も価格は失念・・・ww)
house 福岡県飯塚市吉原町7-4 地図 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年5月 9日 (土)

ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ

 諸物価高騰の折、200円超えのリッチ系カップ麺にはとんと手が出なかったのだが、とあるコンビニで、久々に凄麺見たなぁ・・・と通り過ぎた後、思わず二度見(笑)。「九州・一番食品と共同開発」という文字に釣られて、カップを手に取りレジへ(爆)。


Cupmen_150509_1

 カップのデザインは、いかにも博多ラーメン的な面立ちを、全面にプリントしている。ニュータッチ商品ページを見てみると、

 ────┬──────────────────────────
 めん   │博多豚骨ラーメンらしさを麺質で追求した本格細ストレート
        │
ノンフライ麺。麺厚約1.20mm 湯戻し90秒
 ────┼
──────────────────────────
 スープ  │国産の豚骨を専用の釜でしっかりと炊き出した風味の強い
       │
スープをベースに、炒めた豚肉のペーストを加えコクを出した、
        │豚本来の旨みを最大限に引き出した濃厚なスープです。
 ────┼
──────────────────────────
 具材    │チャーシュー、すりごま、ネギ、キクラゲ、紅生姜(別添)
 ────┴──────────
────────────────

とある。果たして、麺の出来が素晴らしい凄麺の豚骨味。知る人ぞ知る業務用スープの雄、一番食品との共同開発によって生み出された一杯。その仕上がりは如何に??


Cupmen_150509_2

 フタを開け、小袋を取り出すと、後入れの粉末&液体スープ、かやく、紅生姜の4つ。スープが粉末と液体に分かれているトコロは、リッチ系カップ麺の定石か。


Cupmen_150509_3

 麺はこの通り。麺をゆるやかにまとめて乾燥させているトコロは、ストレート細麺の戻りを考えた製法か? 湯戻し90秒なだけに、素早い仕上げが求められる。
 

続きを読む "ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年5月 6日 (水)

“ちゃん”つながりで、くんちゃんラーメンへ

 約11年ぶりに嘉飯地域に帰って来た“王ちゃん”の大将と久方ぶりのご対面でテンションが上ったのか、同じ“ちゃん”つながりで、くんちゃんラーメンへ行ってみるコトに。で、またもやハシゴ(爆)。


Sendaibou_01

 ワタシが子供の頃、銭代坊商店街はそりゃあ結構な賑わいだった。炭鉱こそ閉山していたが、周囲の炭住にはたくさん人が住んでいたし、鉱害復旧事業や失業対策事業で仕事にはあぶれるコトがない状態だったので、まだ、炭鉱で栄えた時代の残照があった。


Sendaibou_02

 ソレから三十有余年。時は移り、往時の賑わいを思い出させるものは少なくなった・・・。商店街にも営業している店が少なくなっている中、一人気を吐くように、赤いのれんが揺れている。


Kunchan_ramen_150506_1

 中に入ると、先客は2組。連休最終日のせいか、子連れのお客さんで店内は賑わっており、調理場を囲むL字型のカウンターのみの店内は、ほぼ満席状態(笑)。

 左の端が空いていたので、ソコへ座り、ラーメンをオーダー。さっき大盛を啜ったばかりなので、さすがに大盛やチャンポンなどは頼めない。
 

続きを読む "“ちゃん”つながりで、くんちゃんラーメンへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やっぱり、あの王ちゃん! 嘉麻市鴨生に復活 !! - 筑豊麺喰い情報【その25・続報】 -

 昨日、王ちゃんラーメンが嘉飯地域に復活か!? というエントリーを書いて、1日も早く確認しようと思っていたのだが、思い立ったが吉日、GW最終日の充実具合を賭けて、クルマを走らせる。

 店舗の横に5、6台分の駐車場があり、車を停めるのももどかしく入り口へ向かうと、「よもぎめん/王ちゃん/漢方スープ」の暖簾。コリャ~間違いない (*゚∀゚)=3

 中に入ると、懐かしいご尊顔。「やっぱり大将のお店でしたかぁ」と、およそ7年ぶりの再会に、思わず声をかけてしまう。お店は大将と、そこそこな年配の従業員さんが男女1人ずつの、3人で回しておられるようだ。


Wanchan_ramen_kama_150506_1

 メニューは、ラーメン、ラーメン(大)、ギョーザ、替玉と、ごくシンプル。とるモノもとりあえず、ラーメンの大盛をオーダー。


Wanchan_ramen_kama_150506_2

 おっと、コチラも忘れちゃならない、ボタ山丼もちゃんと復活! オープン記念で、ご飯は無料サービス中とのコト ヽ(´ー`)ノ

 店内は、調理場に対面して一文字のカウンターを中央に、壁側にもカウンターが設えてあり、いずれも6席ずつの12席。入り口脇には、小さな小上がり席もあり、コチラは1卓4席。シンプルな造作だが、そこそこ収容できる。


Wanchan_ramen_kama_150506_3

 アレコレ話しているウチに、待望の一杯登場。スライスしたゆで玉子こそ乗っていないが、まさしく往年のアノ面立ち。
 

続きを読む "やっぱり、あの王ちゃん! 嘉麻市鴨生に復活 !! - 筑豊麺喰い情報【その25・続報】 -"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年5月 5日 (火)

王ちゃんラーメン 嘉飯地域に復活か !? - 筑豊麺喰い情報【その25/未確認情報】 -

 5月に入ってから、拙ブログに「嘉麻市 王ちゃんラーメン」、「王ちゃんラーメン 稲築」、「王ちゃんラーメン 鴨生」のキーワードで検索してきたログが残っていたので、稲築に“王ちゃん”という屋号のラーメン屋って、あったっけか? と、ココ数日アタマをひねっていた。

 で、今日、下鴨生方面へクルマを走らせていると、みとま商会の斜向かい辺り、かつて唐揚げ「すず鶏」があった場所に、「ラーメン」の幟がいくつもはためいている。ふとミラー越しに振り返ると、鮮やかな赤い看板に白ヌキで「王ちゃんラーメン」の文字が !!(゚ロ゚屮)屮


Wanchan_ramen_2015

 上の写真は、宮若市の王ちゃんラーメンの写真(2015年3月撮影)だが、帰り際にもう一度確認すると、看板の文字もドコか似ている感じがする。

 ナニより、前回数年ぶりに訪麺した際、代替わりした大将から、先代が飯塚で営業を再開する構想を持っている旨伺っていたんで、ココがその店である可能性はカナリ高い。

 コリャ、1日も早く確認せねば o( ・`ω・´)9


【追記】

 で、実食してきました。

やっぱり、あの王ちゃん! 嘉麻市鴨生に復活 !!
 - 筑豊麺喰い情報【その25・続報】 -
  2015/5/6記事

胡椒と山椒でヒーハー ww 帰ってきたボタ山丼!
 - 王ちゃんラーメン -
  2015/5/16記事
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

西日本インポートフェア&食メッセ2015

 ゴールデンウイークというのにドコへも行かないってのもナンなので、今年も去年に続き、西日本インポートフェア&食メッセ2015へ。今年はカミさんのお母さんとおばぁちゃまもご一緒に(笑)。


Westjapan_import_fair_2015_01

 10時半頃に到着。おばぁちゃまのペースに合わせ、ゆるゆると会場内のアレコレを品定め。1時間ほど歩いて、お腹が空いてきたので、フードコートで先に合いた席を確保してから、お昼を調達。


Westjapan_import_fair_2015_02

 カミさんとお母さんのリクエスト、2種類のケバブサンド。デフォのサンドとチーズ入り。今年はトルコのブースから購入。香ばしく焼かれた牛肉がナカナカ。


Westjapan_import_fair_2015_03

 お次は、インドのブースのタンドリーチキン。売り子のオッちゃんの「コチラでインド人が、タンドリーチキンの段取り中で~す」の口上が、カミさんのツボにハマったらしい。いささか関西訛りの日本語が“手練”感全開(爆)。

 見た目より辛くなくて、美味しかったのだが、もう少し量が欲しかったかな(笑)。
 

続きを読む "西日本インポートフェア&食メッセ2015"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年5月 3日 (日)

川原馬肉専門店のサービスパック

 GWというのに、所用で朝から飯塚へ。雨の中、外でウロウロしてすっかりグッタリ。で、馬刺が話題に上ったのもナニかのお導きってんで、帰りにチョイと遠回りして川原馬肉専門店へ。

 お店に入ると、大将に代わって若いお兄さんたちが働いている。お顔を拝するとお子さんたちかな?

 ネクタイ締めてるワタシを見て、女将さんが「今日は仕事やったんですか?」と尋ねられ、たま~にしか行かないのに、どうも顔を覚えられてしまってるようで(苦笑)。ってか、GW関係なしに働いてらっしゃる皆さんのお陰で、こうして思いつきで訪れても馬刺が手に入ります (;-人-)


Basashi_150503

 で、買ってきたのは、一番お手頃なサービスパック(笑)。ま、2つ買ってきたので、皿に盛りつけるとボリューム感がUP!(爆)。

 疲労回復には「馬肉」が効果的って勝手に思い込んでるので、よく冷えたビールと馬刺でチャージ ww


horse 川原馬肉専門店 : サービスパック 540円  (消費税分UPしてます) 
house 福岡県田川市大字猪国445 地図 / 定休日 : 月曜日
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年5月 1日 (金)

こんなトコロで京風うどん !? はちや

 坂谷うどんのもうちょっと先にあって、前々から気になりながら、移転した後もナカナカ足を運べなかった田川のはちや


Hachiya_150208_0

 とあるイベントのお手伝いをした後、その足でそのまま田川へ。

 「はちや」って、「蜂屋」じゃなくて「八彌」なのねん。記事を書くのにイロイロと調べると、2009年田川市猪国(現在地から少し離れた場所・・・現「八丁うどん」の場所)に開店し、2013年に現在地でリニューアルオープンしたとのコト。


Hachiya_150208_1

 移転したコトもあってか、店内はとてもキレイ。厨房に面したカウンター席が5つ、中央にテーブルの真ん中を板で仕切った席が8席、奥に小上がりが2卓8席、入り口左に小さなテーブルが1台2席と、シンプルながら効率の良さげな造り。


Hachiya_150208_2

 初対麺はスタンダードにごぼう天うどんプラスいなりずし。

 初めこそ知らなかったのだが、この地には珍しい京風うどんのお店とのコト。確かに、昆布だしをベースにしたやさしい味わいのすめ(=おつゆ)。もっとも、うどんは福岡チックなてろやわ系(笑)。

 メニューを見ると、あんかけうどんやけいらん(溶き卵入りあんかけ)など、初めて目にする品書きが並ぶ。メニューをさらに見ていくと、ラーメンやちゃんぽんまである。コリャ、通い甲斐がありそうだ(爆)。
 

続きを読む "こんなトコロで京風うどん !? はちや"

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »