« 『サルベージする日々』 - とんこつラーメン屋 うまてつのラーメン - | トップページ | エースコック JANJAN ソース焼そば »

2015年7月18日 (土)

日清 焼すぱ 下町ナポリタン

 直方名物のB級グルメとして数年前から盛り上がっている、直方焼きスパ。その焼きスパが、まさかの全国展開!? と思わせるようなカップめん日清さんから発売された。


Cupmen_150613_1

 今年4月初旬の発売開始に、直方市も一瞬色めき立った。

直方グルメ:全国発進!? 日清の「焼すぱ」 /福岡

 直方市のB級グルメが全国進出? 日清食品は今月、インスタント麺「焼すぱ下町ナポリタン」を全国で新発売した。

 焼きスパは直方市の明治町商店街に1990年代まであった喫茶店「夕焼け」の名物メニュー。キャベツ、タマネギ、豚肉を入れるのがお約束だ。懐かしむ声が高まって2010年に復活し、市内約30店で食べられる。

 一方、「焼すぱ下町ナポリタン」の具材はハム、ピーマン、パプリカ。直方焼きスパとは違う。日清食品広報部は「首都圏でナポリタンがブームになっており、昭和のイメージで開発した」とし、残念ながら「特定の場所をイメージしたわけではない」とのこと。

  (中略)

 広報部は「直方とのコラボレーションを提案いただければ」と水を向ける。直方市観光物産振興協会の武宮美紀事務局長は「『焼きスパ広め隊』の皆さんともアイデアを話し合いたい」と歓迎している。

毎日新聞 2015年04月17日 地方版


 というワケで、直方の焼きスパとは全然関係なかったのだが、焼きそば系カップめんの変わり種として興味があったので、購入。


Cupmen_150613_2

 フタを開けると、小袋は粉末ソースと調味オイルの2袋。かやくが麺と同梱なのはU.F.O.と共通。


Cupmen_150613_3

 “フライパンで炒めたような、昔懐かしいB級ナポリタン!”がコンセプトのこのカップめんは、果たしてどんな出来上がりになるのか・・・。
 

 熱湯を注ぎ、3分後湯切りをして、粉末ソースを入れてよくかき混ぜた状態。この段階では、まだナポリタンっぽくはない。

 真ん中ほどの赤いのは、調味オイルを投入したトコロ。コレからさらに、よくかき混ぜる。


Cupmen_150613_4

 淡目な赤い色と太めな麺が、五木ナポリ風スパゲティを連想させる出来上がり。


Cupmen_150613_5

 ひと口食べると、ハムの風味か、はたまた“フライパンで炒めたような”風味を出すためのフレーバーなのか、スモーキーな風味。その後に、甘めなケチャップのような味わいが広がる、やさしい口当たり。

 ワタシ的には、もうちょっとスパイシーでこってりした、下町風というか、ジャンキーなパンチが欲しいなぁ・・・というのが素直な感想。粉チーズとタバスコを投入して、好みの味にシフトすると、イイ感じに。


Cupmen_140913_1
Cupmen_140913_2

 ナポリタンスパゲティをモチーフにしたカップめんでは、まるか食品の「ペヤングやきそば ナポリやん!」の方が、秀逸だったような気がする。ペヤングやきそばの変わり種系は、出来のいいモノが多かったので、カノ事件はともかくとして、そのラインナップの復活が待ち遠しい。


noodle 日清 焼すぱ下町ナポリタン : スーパー・ドラッグストアなどで、130円前後
 

|

« 『サルベージする日々』 - とんこつラーメン屋 うまてつのラーメン - | トップページ | エースコック JANJAN ソース焼そば »

もの喰う日々06.即席めん・カップめん」カテゴリの記事

もの喰う日々21.麺喰い情報」カテゴリの記事

サルベージする日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/61908473

この記事へのトラックバック一覧です: 日清 焼すぱ 下町ナポリタン:

« 『サルベージする日々』 - とんこつラーメン屋 うまてつのラーメン - | トップページ | エースコック JANJAN ソース焼そば »