« 恒例の花見は、ついに最小ユニット!? | トップページ | 夜桜見物 2016 »

2016年4月 2日 (土)

御料理魚佐で一席

 法事の精進上げで御料理魚佐へ。前に訪れたのは改装前だったので、かれこれ十数年ぶり。


Uosa_160402_1

 桜の花があしらわれた先付のひと皿。白魚の甘酢漬けにそら豆、桜餅。下に敷かれた桜の葉から香りがほんのり移って、旬を感じさせる。


Uosa_160402_2

 筍の酢味噌和え。山椒の若葉が一緒に摺ってあって、こちらも春の香りにあふれている。遥か昔、伯父に連れて行って貰った、祇園のお茶屋さんで食べた味を思い出した。
 

 ピントがお椀のふちに合っててボケボケで、色もちゃんと撮れていないのが悔しいが、椀物の海老真丈。桃色のふわふわした真丈は、海老の風味たっぷり。飾り切りされた大根の花びらも美しい。


Uosa_160402_3

 揚物。魚の天ぷらに、うっすら青い筋が入っていたので、もしやと思い尋ねると、さよりとのこと。これがなかなか美味しかった。添えられた塩も梅の風味がして、天ぷらの味をきりっと引き立てる。


Uosa_160402_4

 他に御造りや焼物もあったが、食べるのと話に夢中で撮り忘れ(笑)。御飯物の鯛めしが秀逸で、2回もおかわりしてしまったのだが、コレも撮り忘れ(苦笑)。


Uosa_160402_5  (カミさんが撮っててくれた焼物。ほんのり桃色に染め、飾り切りされた百合根が、とても良いアクセント)


 美しいあしらいにとどまらず、丁寧な仕込みと調理を感じさせるお料理で、良い一席になりました。


restaurant 御料理魚佐 : コース 4,000円
house 福岡県飯塚市飯塚10-26 地図 / 定休日 : 月曜
  営業時間 [昼] 11:30~15:00(オーダーストップ14:00)
         [夜] 17:00~22:00(オーダーストップ21:00)
 

|
|

« 恒例の花見は、ついに最小ユニット!? | トップページ | 夜桜見物 2016 »

もの喰う日々10.ソト飯【和食】」カテゴリの記事

ナニごとか為す日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/63460240

この記事へのトラックバック一覧です: 御料理魚佐で一席:

« 恒例の花見は、ついに最小ユニット!? | トップページ | 夜桜見物 2016 »