« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月25日 (土)

サンポー 焼豚ラーメン×長浜ナンバーワン

 どうやら、疲れが取れにくい年頃に突入したようだ(爆)。

 エラく行ったり来たりの1週間を過ごした後の今週は、まったくグダグダ。今月初めに下書きしていたこのエントリーも、下書きのまま埋もれてしまいそうな勢い(苦笑)。リハビリがてら、筆を起こすとしますか。


 で、twitterのタイムラインで見かけて気になっていたサンポー焼豚ラーメン×長浜ナンバーワン

 焼豚ラーメンでその名を馳せる、地場メーカーの雄サンポーさんと、長浜屋台に起源を持つ、創業45年の長浜ナンバーワンさんがコラボしたカップ麺。時々行くスーパーで見つけて、デフォの約2倍という価格にチョット尻込みしたが、ついカゴに投入(笑)。

 
商品情報
発売から38年の焼豚ラーメンと創業45年の長浜ナンバーワン、九州でお馴染みの人気ラーメンブランドが手を組み、単なる監修商品ではなく互いの長所を活かしあった良いとこ取りの商品に仕上げました。濃厚で風味のよいとんこつ味に、お馴染みのハート型チャーシューと長浜ナンバーワンらしくたっぷりのねぎをトッピング。硬さ調節のできるめんは福岡県産のラーメン専用小麦「ラー麦」を100%使用。めん量90gのビッグカップタイプです。
 



Cupmen_160605_1

 焼豚ラーメンのデザインを半々に区切り、白と黒のコントラストを際立たせた目立つ作り。価格のせいか、ビッグサイズになっている。

 
【商品特長】
 ● めん:22番切刃で切り出した中細めん。小麦粉にはラー麦を100%使用しており、
   しっかりとしたコシが味わえます。湯戻りはフツウ3分、カタメ2分30秒。
 ──────────────
─────────────────────
 ● スープ:長浜ナンバーワンの丁寧に炊き込まれた甘めのとんこつスープ風に仕上
   げました。濃厚で風味よく香るとんこつスープが食欲をそそります。
 ───────────────────────────────────
 ● かやく:焼豚ラーメンに使用しているおなじみのハート型チャーシュー使用。さらに
   長浜ナンバーワンらしくたっぷりのねぎを合わせました。
 


 県産小麦ラー麦を100%使用し、もどし時間でカタ麺をチョイス出来るという麺に、期待が膨らむ。果たして、スナックめんでドコまで表現できるか楽しみだ。
 

続きを読む "サンポー 焼豚ラーメン×長浜ナンバーワン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月 4日 (土)

筑豊ラーメン山小屋穂波店のよくばりラーメン+ギョーザセット

 朝からもやもやした感じでボンヤリしていたら、福岡管区気象台が「九州北部(山口県を含む)が梅雨入りしたとみられる」と、コレまたボンヤリした梅雨入り宣言をした今日。

 来週のお祝い事に向けて、夏物の礼服をクリーニングに出しに行ったついでに、昼麺を啜りに遠回り。

 ふとした思いつきで、山小屋穂波店へ。店内は半分方埋まっていたが、窓際のホックス席が空いていたんで、ソコへ。


Yamagoya_ramen_160604_1

 オーダーしたのは、昭和(むかし)ラーメンより20円安く、具だくさんなよくばりラーメン(笑)。煮玉子が半個で、メンマと海苔が入っていないが、チャーシューともやしがちょっと多めなメニュー。


Yamagoya_ramen_160604_2

 スープをひと口啜ると、香り、コク、まろやかさのバランスのイイ豚骨スープ。山小屋らしい味わい。一皿6個のギョウザ(単品350円)とご飯(130円)をセットにしても+360円というのはお値打ち。ただ、デフォのラーメンが630円なので、セットで990円(よくばりラーメンとだと1,140円)。ちょっと高めかなぁ。


Yamagoya_ramen_160604_3

 麺の茹で加減を「普通」にしていたのだが、トッピングに時間がかかったのか、やわ目にになっていたのと、湯切りが甘くて、麺をほぐすとせっかくのスープの旨さがぼやけてしまったのが、ナンとも残念だったなぁ。


noodle 筑豊ラーメン山小屋穂波店 : よくばりラーメン 780円、ギョーザセット+360円
house 福岡県飯塚市楽市630 地図 / 無休
 営業時間 11:00 ~ 24:00
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »