« 年越し麺2016 その1 - 蕎麦切倭人のかき揚げせいろ 他 - | トップページ | 年越し麺2016 その2 - 筑豊ラーメン山小屋穂波店のギョーザセット 外 - »

2016年12月29日 (木)

恒例の忘年会2016@旬彩ダイニングじゅげむ

 今年で9回目になる極私的告知で希望を取った歳末恒例の忘年会。今年は飯塚中心街の北側、宮町で開催! 場所は旬彩ダイニングじゅげむ。吉原町界隈からチョット離れていることもあって、初めて訪れた人も結構居たようだ。


Party_161229_1

 バスで来たので、定刻より早めに到着。今回はお鍋コースをチョイスしていて、鍋は投票で『炊き肉』と『もつ』の2種類をセット。希望に合わせて席に着く。席は座敷ではなく、テーブル席。


Party_161229_2

 1人遅れていたが、定刻を回ったんで、恒例のtaga-mixのご発声で乾杯強行(笑) (*゚∀゚)oU*゚*Uo(´∀`) カンパーイ!


Party_161229_3

 コースに追加した刺身盛り(5種)。チョイと薄造りだが、お味はナカナカ。
 

 極私的告知の投票でも人気だった『炊き肉』。じゅげむのHPでも目にはしていたが、実際に豚バラスライスが鍋をぐるっと覆う景色は壮観。ぽっかり空いた真ん中にスープを入れ、煮立ったら肉と野菜(豚バラの下に盛り付けてある)を一緒に投入するという仕組み。


Party_161229_4

 実際にはコンナ感じ ↓↓↓ 鍋の縁にドーナツ状の木蓋が乗せてある。


Party_161229_5

 豚と野菜を崩しては煮、食べたらまた崩すのが面白い。ま、最初は鍋の中の物を取るのが大変やけど(笑)。


Party_161229_6

 串焼きも登場(3種類だったかな?)。焼き上がりも良くて、ナカナカ美味。今夜は唯一の子供の参加者、takaさんの歴史クイズが驚きの連続。大のオトナが降参するほどの知識量。「じゃぁねぇ、次!」と次々に繰り出される難問にタジタジ(爆)。


Party_161229_7

 ユッケ風の牛たたき。卵の黄身を付けて食べるのだが、コレも美味しい。他にも料理はあったのだが、ハナシに夢中で撮り忘れ(笑)。


Party_161229_8

 ラストのご飯モノ、あんかけチャーハン。モダンシノワーズがテーマの居酒屋さんなので、最後はソレらしい一皿が。デザートもあったと思うが、ソレも撮り忘れ(苦笑)。

 1階のテーブル席で厨房の向かい。スタッフが2階へと給仕するのが慌ただしかったが、ソレも宴に賑わいを添えて、結果オーライか。面子は固定的になってきたが、外部開催の忘年会(再開3回目)も板に付いてきた感がある。


Party_161229_9

 お店をあとにして、緑道公園のイルミネーションで記念撮影。今年の参加者の顔ぶれは、こまいぬ∞さん、kajitaga-mixりあら、hide&taka、K工房のオヤっさん一家、kazu-aくん、nomiちゃん、tamaちゃん、そしてワタシとカミさんの総勢14名。


Party_161229_10

 年の瀬とはいえ、寒さが緩み、食事で身体が温まっているコトもあって、しばらくおしゃべり。


restaurant 旬彩ダイニングじゅげむ :  鍋コース 2,500円
                   (+飲み放題 1,500円&刺身盛 500円)
house 福岡県飯塚市宮町13-30 地図 / 年中無休(12/31、1/1のみ休み)
 営業時間 17:00 ~ 2:00(L.O. 1:00)
 

|

« 年越し麺2016 その1 - 蕎麦切倭人のかき揚げせいろ 他 - | トップページ | 年越し麺2016 その2 - 筑豊ラーメン山小屋穂波店のギョーザセット 外 - »

もの喰う日々12.ソト飯【中華・韓国・焼肉】」カテゴリの記事

もの喰う日々14.ソト飯【居酒屋・ビストロ】」カテゴリの記事

もの喰う日々16.パーティー・酒宴」カテゴリの記事

ナニごとか為す日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/64720206

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例の忘年会2016@旬彩ダイニングじゅげむ:

« 年越し麺2016 その1 - 蕎麦切倭人のかき揚げせいろ 他 - | トップページ | 年越し麺2016 その2 - 筑豊ラーメン山小屋穂波店のギョーザセット 外 - »