« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

立喰い生麺稲築店のちゃんぽん

 平日の昼麺。昨日に続いて、今日も立喰い生麺へ(笑)。

 時間がちょい早めだったので、カウンターではなく、テーブル席へ。昨日、平日昼間のメニューが豊富なのに気付いて、今日はちゃんぽんをチョイス。


Tachiguinamamen_170131_1

 炒め工程があるせいか、うどんメニューよりやや時間がかかるようで、ちょいと時間を置いて、ちゃんぽん登場。


Tachiguinamamen_170131_2

 ちょい平ためな器に、野菜の盛り良い一杯。てっぺんの刻みネギと粗挽き黒胡椒が特徴的。ちなみに、テーブル席においてあるネギはこの手のネギで、この刻み方になっていた(カウンターに置いてあるネギと太さが違うようだ)。
 

続きを読む "立喰い生麺稲築店のちゃんぽん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月30日 (月)

立喰い生麺稲築店のうどん ごぼう天&わかめトッピング

 お昼はすっかり仕出し弁当が定着してしまったが、たまには平日の昼麺を。で、久々に立喰い生麺稲築店へ。

 月曜のこの時間は、やはり混んでる。半ば反射的に、いつもの組み合わせで食券を購入(笑)。陳列にいなりずしがあるのを確認して、その食券も購入カウンターにちょうど空きが出来たので、おばちゃんに食券を渡して、ソコへ座る。


Tachiguinamamen_170130_1

 安定の速さで、ごぼう天&わかめうどんといなりずしが登場。いつものコトながら、スライスごぼうのかき揚げは見事なボリューム。


Tachiguinamamen_170130_2

 うどんを啜りながら周りを見ると、他のお客さんは、ホルモン定食や焼肉定食、チャンポンなんかも食べている。ワタシが立喰い生麺を訪れるのは、たいてい土日でランチタイムを外れた時間。平日のランチタイムには、いろいろメニューがあるんだなぁ、と感心しきり(笑)。コリャ、次に平日に来た時には、違うメニューにもチャレンジしてみなきゃな。


noodle 立喰い生麺 稲築店 : かけそば 350円、ごぼう天 90円、
                わかめ(orきつねor月見) 60円、いなりずし(3個) 200円
house 福岡県嘉麻市平76-1 地図  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月22日 (日)

サンポー 焼豚ラーメン×丸幸ラーメン

 地場即席めんメーカーの雄サンポーさんが、焼豚ラーメンコラボ企画の第2弾で繰り出してきた「焼豚ラーメン×丸幸ラーメン」。長浜ナンバーワンさんとのコラボカップめんに続いて、基山の名店丸幸ラーメンセンターさんとのタイアップで商品化sign03

 twitterのタイムラインでも話題になっていたので、近くのドラッグストアでさっそく購入し、ストック。午後から用件があるんで、早めの昼麺ってコトで調理。


Cupmen_170122_1

 フタのデザインは第1弾と同じレイアウトながら、丸幸ラーメンのテーマカラーの赤と黄が目立つデザイン(笑)。ちなみに、サンポーさんのHPには、次のように紹介されている。


商品情報
発売より39年間愛され続けている 「焼豚ラーメン」と、昭和40年創業の九州の名店「丸幸ラーメンセンター」とのコラボ商品です。単なる監修商品ではなく、互いの良い所を凝縮させました。 丸幸ラーメンの特長である濃厚な白濁豚骨スープに仕上げました。 麺には福岡県産小麦「ラー麦」を100%使用した、本格的な豚骨ラーメンです。
 



Cupmen_170122_2

 フタを開けると、小袋は、粉末スープ、定番のハート型の焼豚。あと入れの調味油と紅しょうがの4つ。構成はデフォと変わりないが、ビッグサイズに合わせて調味油が大きくなっている。

 【商品特長】
 ────┬───────────
─────────────────
 めん   │22番切刃で切り出した中細めん。小麦粉にはラー麦を100%使用

        │しており、しっかりとしたコシが味わえます。湯戻り3分。 
 ────┼
─────────────────────────────
 スープ  │丸幸ラーメンの特長であるクリーミーな白濁とんこつスープ風に

        │仕上げました。コクのあるとんこつスープが食欲をそそります。
 ────┼
────────────────────────────
 かやく   │焼豚ラーメンに使用しているおなじみのハート型チャーシュー使用。

        │さらに焼豚ラーメンと丸幸ラーメンの両方の特長である紅しょうが、
        │ねぎ入り。
 ────┴─────────────────────────────



Cupmen_170122_3

 今回も麺には県産小麦ラー麦を100%使用しているが、第1弾よりは少し茶色味がかった感じ。原料由来の色か、はたまた丸幸さんとのコラボで調合が違うのか、実食が楽しみだ。
 

続きを読む "サンポー 焼豚ラーメン×丸幸ラーメン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月21日 (土)

黄色い暖簾は復活のしるし - 筑豊麺喰い情報【その37・続報】 -

 先週日曜、店先に黄色い暖簾を見かけ、営業再開を知った王ちゃんラーメン@嘉麻市鴨生。果たして大将は厨房に立っているのか。若干の不安も抱えつつ、車を走らせる。駐車場には4台ほど停まっており、さっそく賑わいを見せているようだ。

 暖簾をくぐり引き戸を開けると、まごうことなき姿がソコにヽ(゚∀゚)人(゚∀゚)ノ 大将が無事復帰されていて、まずはひと安心。


Wanchanramen_170121_1

 先客は4組で、半数はすでに食べ終わっているようで、厨房の大将と和やかに話しておられた。やはり、営業再開を知って訪れた長年の常連さんのようだ。メニューは以前と変わりなく、ボタ山丼やチャーハンも健在。

 【追記】 チャーハンはメニューに入ってませんでした。代わりに、中華丼やぶたキムチ、砂ずり炒めが新メニューで加わってました。訂正してお詫びします m(;_ _)m (2017/1/24)


Wanchanramen_170121_2

 トコロが壁を見ると、オドロキのメニューが Σ(・ω・ノ)ノ! フカヒレラーメンが登場!! 大将に尋ねると、昨年末お亡くなりになった神仙楼の大将直伝の、フカヒレ姿煮を贅沢に使った薬膳ラーメンとのコト。しかも、今日1杯注文があったとのコト(先客の方がオーダーされたらしい)。


Wanchanramen_170121_3

 では、ワタシもひとつフカヒレラーメンを・・・と、頼めるはずもなく(爆)、ラーメンの大をオーダー。
 

続きを読む "黄色い暖簾は復活のしるし - 筑豊麺喰い情報【その37・続報】 -"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月18日 (水)

アンジョルノカフェへ流れる

 とある宴席で柏の森界隈まで。二次会の設定はなかったので、新飯塚駅前までふらふら。気になる店はいくつもあったのだが、せっかくココまで来たのなら、やっぱり佐藤さんのトコロへ。

Ungiornocafe_170118_1
 まずはビールで呑み直し。

Ungiornocafe_170118_2
 一次会でシッカリ食べたので、アテには軽~く生ハムを。

Ungiornocafe_170118_3
 カミさんへお迎えをお願いして、飲み物はハウスワイン(白)へ。で、アテはキノコのアヒージョ。ぐつぐつオリーブオイルが煮立った器から、イイ香りが漂う。

Ungiornocafe_170118_4
 絶妙な味わいのきのことオイルをパンに添えて、ワインがスイスイ進む(笑)。カミさんが迎えに来る前に、デキ上がりそうな勢い(爆)。


restaurant UNGIORNOCAFE
house 福岡県飯塚市新飯塚7-33 地図 / 無休 
  営業時間 : 11:30~14:30 18:00~翌1:00(オーダーストップ 24:00)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月15日 (日)

幸せの黄色い・・・暖簾?? - 筑豊麺喰い情報【その37】 -

 おかんの携帯の調子が悪くなったんで、機種変更で出掛ける。受付をすると、1時間ほど待ち時間があるとのコトだったんで、んじゃま、別の用件を片付けるかと車を走らせると、王ちゃんラーメン@嘉麻市鴨生に幟がはためいていた。


Wanchanramen_170115

 もしや? と思って車を寄せると、黄色い暖簾と、「夕方 17時30分 からです/王ちゃんラーメン」と記されたホワイトボードが店先に掛けられていた。指定の時間にはまだ早く、引き戸には鍵が掛かっていたので、ソレ以上のコトは分からないが、営業を再開したのは間違いないようだ。

 一昨日、休業を続けていた宝ラーメンの閉店にショックを受けたばかりだったが、反対に嬉しいニュースが飛び込んできた。コレは、早々にごあいさつに伺わねば。


noodle 王ちゃんラーメン
house 福岡県嘉麻市鴨生700-21 地図 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月13日 (金)

まちなかイルミネーション大作戦 2016

 緑道公園をイルミネーションで飾るまちなかイルミネーション大作戦。この冬で5回目になるらしい。


Machinakaillumi_170113_1
 みぞれが混じる冷たい風が吹き抜けているが、その寒さでさらに冴えて輝いているようだ。

Machinakaillumi_170113_2
 酔ってグルグル。

Machinakaillumi_170113_3

 さらにグルグル。今夜も酔ってます(爆)。

 今シーズンのまちなかイルミネーション大作戦は、来週の金曜1月20日までとのコト。残すトコロ、あと1週間です。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

博多ラーメン将丸飯塚店の和ラー麺

 しばらく休業していたとはいえ、やはり宝ラーメンの閉店はショックだった。で、もう1つの老舗へ足を向けたものの、ソチラは満席。賑わっているのはイイことだとは思いつつ、踵を返して再び昭和通りへ。で、去年オープンした博多ラーメン将丸へ。

 まだ時間が早いせいか、先客は1人。テーブル席側のカウンターに座り、メニューをしげしげと眺める。少々歩いてはいたが、一次会でシッカリ呑み喰いしてたんで、スキマは余り空いていない(ソノ状態でラーメン啜ろうってのが、もうねwww)。軽めの一杯をと考えていたら、「とんこつスープと鰹だしスープのWスープ」の文字が目に入って、迷わず和ラー麺をカタ麺でオーダー。


Shoumaru_170113_1
 さほど待たずに、和ラー麺とご対麺。スープを啜るまでもなく鰹出汁が香る(笑)。ひと口啜ると、さらに鰹出汁の風味が広がる。ソレと同時に、ココのあっさりしているようでシッカリした豚骨スープの旨味が広がる。今日のコンディションにドンピシャな味わいだ。

Shoumaru_170113_2
 ココ数年、新ラ店等を紹介するエントリーで、筑豊エリアには細麺を扱う店が少ないように書いているが、中細ストレート麺を使っていた老舗店が次々に消えていく中、むしろ細麺を供する店の方が増えているようにすら思える。

Shoumaru_170113_3

 などと、酔ったアタマで、一杯のラーメンを啜るホンのつかの間に、様々なコトをグルグル巡らせる。そして、底に髄の残った丼を置いて、お勘定。

 再び、みぞれ降る昭和通りへ。


noodle 博多ラーメン将丸飯塚店 :  和ラー麺 650円
house 福岡県飯塚市飯塚4-22アークスビル1F 地図 / 定休日 : 日曜
 営業時間 19:00 ~ 3:00
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

宝ラーメン 閉店 - 筑豊麺喰い情報【その36】 -

 職場の新年会。一次会の後、迷ったが二次会へは向かわず、昭和通りを北上。で、宝ラーメンは営業再開したかなぁと、前まで来てみると・・・


Takara_ramen_170113

閉店していた.......il||li _| ̄|○ il||li

 平成27年7月に起きた隣接する建物の火災で休業した後、営業を再開し、ワタシも訪麺した(↓の写真はその時のもの)のだが、昨年春頃からか、再び休業していた。


Takara_ramen_160227_1

 脂の染みたやや暗めの店内に赤いカウンター。イニシエ系のスープにちょい太めなストレート麺。筑豊でスタンダードなお店の味が、また1つ消えた。閉店を知らせる貼紙には、50年営業を続けてきたことが記されていたが、宝ラーメンも、この数年続いている老舗店・老舗ラーメン店の閉店の潮流に飲まれてしまったようだ。

 宝ラーメンの、円かな味わいながらあっさりしたあと口のスープと、調味された油の特徴的な香りを、もう味わえないのかと思うと、ナンとも複雑な気持ちになる。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 9日 (月)

新年1軒目のうどんはよもぎうどんへ - 月替りうどん【1月】 年明けうどん&ミニ牛すじ丼 -

 新年に入って、ラーメンこそコンスタントに啜ってきたが、うどん・そばは未食の状態。twitterのタイムラインにやなさん月替りうどんのつぶやきを見て、ググッと惹かれてよもぎうどんへ。

 時間が下がっていたコトもあって、スンナリ車を停める。先客は1組。1月の月替りうどん“年明けうどん”とミニ牛すじ丼の食券を買って、窓際のカウンターへ。とある呪文でわかめのトッピングがサービスになるので、躊躇なく呪文を唱える。


Yomogiudon_170109_1
 で、うどんはたちまち“梅若うどん”に変身(笑)。

Yomogiudon_170109_2
 梅干しと焼いた丸餅の紅白が、新年の訪れを感じさせる。

Yomogiudon_170109_3
 そういえば、毎年、1月の月替りうどんには、ミニ牛すじ丼を添えているような気がする(笑)。
 

続きを読む "新年1軒目のうどんはよもぎうどんへ - 月替りうどん【1月】 年明けうどん&ミニ牛すじ丼 -"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 7日 (土)

移転後の原ラーメン店へ - 筑豊麺喰い情報【その35】 -

 先月から気になっていた、秋松の元喫茶ヨシムラのあとに入った原ラーメン店。所用で出掛けたのもちょうど良かったので、カミさんと訪麺notes

 知人の方なのか、居酒屋さんからの花輪が2つあり、新装オープンをしっかりアピールしている。建物は喫茶店時代のままなので、入口はドア。前の店のように、店名の入った立看板やのれんはまだ付いていないようだ。


Hara_ramen_ten_170107_1

 表の駐車場はほぼ満車(だったので、店舗の全景写真を撮るのをあきらめたw)。中に入るとコチラもほぼ満席。14時にもなろうかという時間ながら、なかなかの賑わい。入口のソファーでしばし待つ。ややあって、先客さんと入れ替わりにテーブル席に。業態が変わったコトもあってか、中は改装されており、厨房に面した一文字のカウンターに6席。テーブル席が4つ。前の店よりはコンパクトになったか。


Hara_ramen_ten_170107_2

 カミさんは、チャーシューメン↑↑↑ ワタシは、ラーメンの大盛とやきめし(小)をオーダー。店オリジナルの器は、この店の特徴でもあるスープの色がよく映える。


Hara_ramen_ten_170107_3

 コチラ↑↑↑はラーメン大盛。ネギとキクラゲも増量されてて嬉しい(笑)。辛子高菜やピリ辛薬味等が入った冷蔵ショーケースも、カウンターの左はじにちゃんとある。
 

続きを読む "移転後の原ラーメン店へ - 筑豊麺喰い情報【その35】 -"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年1月 4日 (水)

2017年のソト麺啜り初は屋台飯店煙屋の平日限定ランチAセット

 仕事始め初日だったが、とある用件があって午後からお休みをいただく。で、今年最初のソト麺をドコにするか、職場から近いトコロから回り始めたは良かったが、いずこもやはり正月休みで開いていない il||li _| ̄|○ il||li

 で、流れ流れて桂川町へ。幸い屋台飯店煙屋が開いてたんで、滑りこむ。13時を回っていたためか、先客は1人。券売機で平日限定のランチAセットの券を買い、店の真ん中にあるカウンターに座る。


Enya_170104_1

 ややあって、Aセット登場! ラーメンとギョーザ5個、ライス(小)がセットになって、70円お得なメニュー。平日限定だったんで、ようやくありつけた(笑)。


Enya_170104_2

 今年1年の麺運を占う、と言えばチョット大袈裟だが、今年最初のソト麺。やや泡立ち、背脂も交じるスープの表面。お味は如何に? とひと口啜れば、しっかり煮出されたコクある味わい。コリャ、今年は幸先がイイな、と思わせる美味さ。最近こそ増えてきたが、まだまだ筑豊エリアでは少ない細麺と、スープが絡んでナカナカ。


Enya_170104_3

 薄めな皮でパリッと焼けたギョーザ。具もジューシーで美味い。ご飯も盛りが良くて、替玉なしでも、しっかり満たされました (;-人-) 


noodle 屋台飯店煙屋(えんや) : Aセット(ラーメン・ギョーザ5個・ライス小) 800円
                   ラーメン 580円
house 福岡県嘉穂郡桂川町土師2198-6 地図 / 定休日 : 火曜日


【追記】
 余談を1つ。今日知ってビックリしたんですが、坂谷うどんさんが、都合により2月までお休みとのコト。無事再開することを待ち望んでいます ( -人-)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 3日 (火)

さっそくピザにシフト

 お昼にようやく雑煮を食べたトコロだが、夕食にはピザにシフトしていた。


Dinner_170103_1

 まだまだ、食卓におせちが並ぶ中、ドーンと餅ピザが鎮座まします(笑)。


Dinner_170103_2

 サラミの代わりにかまぼこを使い、ねぎと海苔を散らした和テイストなピザ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雑煮 2017’

 ココ数年、毎年のコトになっているが、今年も雑煮にありついたのは3日(笑)。

 おせちと一緒にいただく。


Lunch170103_1

 我が家の雑煮は、かしわ(=鶏)出汁。焼かずに煮て柔らかくした丸餅(ホントはレンジでチンやけどw)の下に煮た野菜(白菜や大根)を敷き、あらかじめ水煮しておいた水菜、蒲鉾、ちくわなどを添えて完成。


Lunch170103_2

 ちょっとばかり(?)飲み過ぎたカラダに、かしわ出汁がしみじみ(笑)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 2日 (月)

2017年の啜り初めは鳥志のとんこつラーメン!

 お正月2日目は、カミさんの実家で、お昼からお節&お酒を戴く。したたかに戴いて、帰ったらバタンキュー(爆)。

 で、夜に目覚めて、ナニか汁気のあるモノを・・・。で、台所を漁ってめっけたのが、鳥志商店のとんこつラーメン。酉年に鳥志のラーメンで、コリャ幸先がイイや、ってまだ酔ってンな(爆)。

Torishiramen_170102_1
 鳥志のラーメンは、即席麺ではピカイチの好物。先日某スーパーで見かけて、さっそくカゴへ入れた(笑)。

Torishiramen_170102_2
 中は、乾麺とスープ。かやくはなしのシンプルな構成。それにスープ。筑後吉井の乾麺は、伝統の鳥志掛。

Torishiramen_170102_3
 お節に用意していた焼豚風のハムと、雑煮用に用意していた水菜を添えて、お正月バージョン! さらに、カミさんの実家から戴いた丸餅を乗せて、力ラーメンに(爆)。

Torishiramen_170102_4
 豚骨スープに、お餅も結構イケる(笑)。


noodle 鳥志商店 : スーパーマーケットで160円前後
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 1日 (日)

我が家のおせち2017’

 朝こそ寒かったが、日中は陽射しが暖かく、春のような元日。毎年のコトだが、朝から出掛け、夕方帰ってきてようやくお節。毎年同じコトを繰り返せる有り難さを噛み締める1日。


Dinner_170101_1
 毎年同じコトを書いているが、ウチのおせちはごくごくシンプル。お重にも詰めず、器にダイレクト(笑)。

Dinner_170101_2
 カニに数の子に昆布巻。

Dinner_170101_3
 帆立貝柱にイクラ。

Dinner_170101_4
 そして毛ガニ。こうして見ると、北の海の幸が多いな(笑)。

 

続きを読む "我が家のおせち2017’"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。

 年の瀬の朝夕は冬の冷え込みでしたが、ここ数日は晴天が続いて穏やかなお天気になりました。皆様には、心穏やかな新年をお迎えのことと存じます。


Kadomatsu_2017

 本年が、皆様にとって素晴らしい年となることを、心より祈念いたします。


Tsumami_zaiku_2017

 本年も、ものを喰い、ものを思う日々を綴って参りますので、拙ブログともども、旧年に変らぬご愛顧をお願いして、謹んで新年のご挨拶とさせていただきます。


 平成29年1月1日


                              もの喰う人 たて 拝 m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »