« アンジョルノカフェへ流れる | トップページ | サンポー 焼豚ラーメン×丸幸ラーメン »

2017年1月21日 (土)

黄色い暖簾は復活のしるし - 筑豊麺喰い情報【その37・続報】 -

 先週日曜、店先に黄色い暖簾を見かけ、営業再開を知った王ちゃんラーメン@嘉麻市鴨生。果たして大将は厨房に立っているのか。若干の不安も抱えつつ、車を走らせる。駐車場には4台ほど停まっており、さっそく賑わいを見せているようだ。

 暖簾をくぐり引き戸を開けると、まごうことなき姿がソコにヽ(゚∀゚)人(゚∀゚)ノ 大将が無事復帰されていて、まずはひと安心。


Wanchanramen_170121_1

 先客は4組で、半数はすでに食べ終わっているようで、厨房の大将と和やかに話しておられた。やはり、営業再開を知って訪れた長年の常連さんのようだ。メニューは以前と変わりなく、ボタ山丼やチャーハンも健在。

 【追記】 チャーハンはメニューに入ってませんでした。代わりに、中華丼やぶたキムチ、砂ずり炒めが新メニューで加わってました。訂正してお詫びします m(;_ _)m (2017/1/24)


Wanchanramen_170121_2

 トコロが壁を見ると、オドロキのメニューが Σ(・ω・ノ)ノ! フカヒレラーメンが登場!! 大将に尋ねると、昨年末お亡くなりになった神仙楼の大将直伝の、フカヒレ姿煮を贅沢に使った薬膳ラーメンとのコト。しかも、今日1杯注文があったとのコト(先客の方がオーダーされたらしい)。


Wanchanramen_170121_3

 では、ワタシもひとつフカヒレラーメンを・・・と、頼めるはずもなく(爆)、ラーメンの大をオーダー。
 

 カミさんはチャーシューメンを。ギョーザを一皿頼もうとしたら、「サービスセットの方が得ばい」との大将の勧めで、それぞれセットに。


Wanchanramen_170121_4

 ギョーザ一皿(10個)で350円。セットはプラス200円で6個ギョーザが付いてくるので、2人分400円で12個の計算、確かにお得だ(笑)。


Wanchanramen_170121_5

 さらに、サービスのご飯も注文。大将曰く「宮若の美味しいお米を炊いとうけんね」と。確かに、息子さんがいつも「お米旨し」っち、ツイートされとります(笑)。


Wanchanramen_170121_6

 ラーメンの面立ちも料理の味も変わりなく、しみじみホッとする。変わりない味に安心するアタリ、新店こそ訪麺はするものの、未だにつけ麺系には食指が動かず、歳を取って、すっかり保守派の麺喰いになっとるぁ・・・とひとりごち(爆)。


Wanchanramen_170121_7

 八角の効いたチャーシューと、薬膳系の滋味スープ。そして、よもぎめん。カラダの芯からポカポカと暖まってきました。久しぶりに王ちゃんのラーメンを啜れて、ホントに良かった。新年からいい麺トピックでした。


noodle 王ちゃんラーメン : ラーメン500円、ラーメン(大)650円、チャーシューメン700円、
              サービスセット(+ギョーザ6個)+200円、ご飯 (サービス)
house 福岡県嘉麻市鴨生700-21 地図 / 定休日 : (未定)
 営業時間 11:00 ~ 14:00 / 17:30 ~ 21:00


【追記】 (2017/1/24)
 再開が嬉しくて、日を置かずに訪麺しました。この日はサービスセットに、絶賛無料サービス中のご飯をプラス。


Wanchanramen_170124_1
Wanchanramen_170124_2
Wanchanramen_170124_3

 安定の味わい。そして、壁をよく見ると、ボタ山丼に加えて中華丼もプラス。ぶたキムチ、砂ずり炒め等、新しいメニューも加わって、大将の心意気がビシビシ伝わってきました。
 

|

« アンジョルノカフェへ流れる | トップページ | サンポー 焼豚ラーメン×丸幸ラーメン »

もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】」カテゴリの記事

もの喰う日々21.麺喰い情報」カテゴリの記事

ナニごとか為す日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/64791423

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色い暖簾は復活のしるし - 筑豊麺喰い情報【その37・続報】 -:

« アンジョルノカフェへ流れる | トップページ | サンポー 焼豚ラーメン×丸幸ラーメン »