« 春の花 2種 | トップページ | 麺屋.千寿のラーメン »

2017年3月 4日 (土)

はちやのたぬきといなりずし

 昨日飲み会で某所に車を置いたままにしていたんで、ピックアップがてら週末恒例の昼麺ドライブ。今日ははちやへ。

 メニューを見て、以前から気になっていた、あんかけうどんに甘きつねが入った「たぬき」といなりずしをオーダー。しかしソレにしても、油揚げが入ってて、なんで「たぬき」なんだろう?


Hachiya_170305_1

 ややあって、「たぬき」とご対麺。とろんとした餡が器にたっぷり張られている。


Hachiya_170305_2

 面立ちは、油揚げをほぼ中心に、刻みネギとカマボコ。そして、おろし生姜が添えてある。


Hachiya_170305_3

 ココのいなりずしは、単なる酢飯ではなく、ゴマや細かく刻んだニンジンなど、具入りのいなりずしで、やや大きめ。ってか、油揚げづくしやなぁ(笑)。
 

 やけどしないよう、恐る恐る餡を貝杓子で口に運ぶ。ひと口すすると、出汁の香りがとろーんとゆっくりと広がる。コレは美味い。餡の中からうどんを探り出し、啜ると、あんがよく絡んでイイ。 


Hachiya_170305_4

 油揚げをつまむと、コレがなかなか大きい(笑)。程よい甘さで、しっかり味付けされている。生姜を溶き混ぜると、風味が加わってさらに美味しい。

 後から調べて分かったのだが、京都では、甘く煮た油揚げ(甘ぎつね)の上から餡をかけたうどんを「たぬき」と呼ぶらしい。とろんとした餡をかけて、ドロンとキツネがたぬきに化けるというハナシも(笑)。

 熱々のあんかけうどんと生姜で、どんどん身体が温まって汗が出てくる。


noodle はちや : たぬき 600円、いなりずし(2個) 150円
house 田川市猪国1218-1 地図 / 定休日 : 月曜日
 

|
|

« 春の花 2種 | トップページ | 麺屋.千寿のラーメン »

もの喰う日々09.ソト飯【うどん・そば】」カテゴリの記事

食にまつわるエトセトラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151568/64975270

この記事へのトラックバック一覧です: はちやのたぬきといなりずし:

« 春の花 2種 | トップページ | 麺屋.千寿のラーメン »