もの喰う日々21.麺喰い情報

2018年3月 8日 (木)

ショック - 筑豊麺喰い情報【その40】 -

 昨日の明け方、火事を伝える消防のメールが入ったが、今日の朝刊にその家事を報じた記事が。


Np_180308

 消失したのは、嘉麻市平の立喰い生麺稲築店....._ノ乙(、ン、)_.......

 仕事中に近くを通ったんで、ちらっと確認。建物の躯体は残しつつも屋根まで焼けていた。果たして、店舗を再建して、営業再開するんだろうか・・・。


 - 引用(写真):2018年3月8日付 読売新聞 筑豊版 -
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2017年12月31日 (日)

今年も1年ありがとうございました m(_ _)m

 ナンだか浮世はしっちゃかめっちゃかな1年でしたが、せめてモノ喰う日々は穏やかに・・・と、思いつつ、2017年のモノ喰う話題を振り返ると、食品の値段がじわじわ上がり、お値段そのままでも中身はスリム化という、“事実上値上げ”商品がドンドン増えるという辛気臭い時代になってます。
 特に、野菜や果物の値段が高止まりしてるのは、ホントに痛いトコロ。作柄が良くないのが一番の原因でしょうけど、担い手の高齢化が進んで、生産者自体が減っている作物も多くなっていると聞きます。健やかに生きていくための費用が徐々に上がっていることに、安閑としていられない気分です。

 視点を移して筑豊エリアの麺屋さんの話題を中心にを振り返ってみると、昨年開店の「博多らーめん十風」や「嘉麻らーめん」、無化調ラーメンの「うまてつ」が閉店。大盛り丼で名を馳せた「とのい」や、地元に愛された「宝ラーメン」や「よかろう」といった老舗店も閉店するという、新旧取り混ぜた寂しい話題の多い年でした。また、稲築で営業を再開した「王ちゃん」の休業も続いており、来年にかけても、不安な傾向が続きそうです。

 そんなドンヨリした流れの一方で、“万福”の系譜を継ぐ「天道ホルモン」の開店や、鳳凛の味を思い起こさせる新店記事を書いてないので、リンク写真↓↓だけ貼付w)の開店など、世代交代や新店舗の開業も続いていて、明るい兆しを見せています。


Ippo_170906_2

 わたくしゴトに話題を移すと、11月に萎縮性胃炎を発症し、生まれて初めて胃カメラを飲むという貴重な体験をしました。消化器官が、食べ物はおろか水分の補給すら拒絶してばたぐるう(=のたうちまわる)という、壮絶な(まぁ大袈裟なw)経験をしました。症状が落ち着いた時には、普通に食事が出来るコトの有り難みを、ひしひしと感じました (;-人-)
 で、ピロリ菌の除菌治療も受け、来年の最終確認を待つトコロです。ただ、この間の禁酒のお陰か、同時期に受けた総合健診で、血液系、肝臓系で十数年ぶりにA判定を叩き出す快挙sign01という副産物もありました(笑)。


Photo_171230

 そんな拙ブログも、今年で干支が一巡しました。1年を通して更新が滞っておりますが(苦笑)、ナントカ書き繋いでいけるのも、アクセスしてくださる皆さんのお陰でございます。今年も1年、本当にありがとうございました。

 相変わらず慌ただしい日々で、更新はナカナカ思うに任せませんが、来年も、宜しくお付き合い頂きますようお願いいたしますと共に、皆さんが輝かしい新年を迎えられますコトを心から祈念いたします。


                         もの喰う人 たて 拝 m(_ _)m
 
 
 
【追記】
 一部、文章に加筆しました。 (2018/1/6) 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月27日 (水)

年越し麺2017 その2 - らーめん山小屋のラーメン 他 -

 とある用件で、午後から飯塚へ。予定には少し時間があったので、超久々にうまてつへクルマを走らせてみたが ・ ・ ・ 閉店していた.....il||li _| ̄|○ il||li...

 気を取り直して、飯塚で老舗の方のらーめん山小屋へ取って返す。向かいの駐車場にクルマを停め、店内へ。時間は下がっているが先客は4組。冬休みに入ったせいか、お子さん連れが2組。どのお客さんも馴染みの方とおぼしく、大将と話している。お勘定を終えた先客さんは、大将と年の瀬のあいさつ。もう今年も、今日を含めてあと5日なんやなぁ。


Yamagoya_171227_1

 で、反射的にラーメンとごはんをオーダー。さほど待たずに、すいすいっとご対麺。今日の一杯は、中心にチャーシューを配置し、刻みネギの緑がグルっと縁取る面白い面立ち。

 ひと口スープを啜ると、出汁の濃度と元ダレのバランスが良い円かな味わい。ん?・・・でも、ちょっとコショウが多い。大将、少し手元が違ったかな(笑)。


Yamagoya_171227_2

 とはいえ、その味わいを損ねる程ではないので、気にせず食べ進める。つか、このスパイシーさなら、ちゃんぽんを注文すれば良かったかなぁとも思いつつ、今日も炭水化物過多のお昼を食べ終える。

 さてさて、年末の準備を進めますか。


noodle らーめん山小屋 : ラーメン 500円、ごはん 100円
house 福岡県飯塚市潤野885-30 地図  / 不定休
  営業時間 11:00 ~ 14:00
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月 9日 (土)

完全セルフサービスに移行!? - 立喰い生麺のとりごぼうそばといなりずし -

 以前ほど残業はしなくなったのだが、仕事でほぼ毎日、レポートを何本もナンボンも書いてると、ウチに帰ってからPCに向かってキーボードを打つ気力が.......il||li _ノ乙(、ン、)_ il||li...

 で、7月も8月も、記事のエントリーは各1、2本(爆)。写真こそブログ用に編集しているのだが、記事に仕立てることなく、twitterのTLに放流する日々(苦笑)。暦はもう9月。風も心地良くなって来たんで、気を取り直して、チョー久々にエントリー。


Tachiguinamamen_170909_1

 8月17日から定休日が木曜に変わった立喰い生麺稲築店。さらに、9月4日からは、完全セルフサービス方式に移行したとのこと。もともと食券による事前精算で、食後は棚に器を返すセミセルフ方式だったんで、後は配膳がなくなるぐらいかと想像。

 中に入ると、カウンター席にある配膳用の通路が、テーブルと同色の跳ね上げ式の板で仕切られていた。


Tachiguinamamen_170909_2

 店内の表示の通り、食券と引き換えに番号札を受け取り、オーダーが出来上がり次第、番号札と商品を引き換えるセルフ配膳。あぐんちゃやショッピングモールのフードコートと同じ感じ。ただ、番号札ってのが、立喰い生麺らしくってオモシロイ。


Tachiguinamamen_170909_3

 で、今日オーダーしたのは、新メニューとして登場以来、ずっと頼みそびれていた、とりごぼうそば。そば(うどん)の食券に、トッピング「とりごぼう」の食券をプラス。そして、いなりずしもプラス。
 

続きを読む "完全セルフサービスに移行!? - 立喰い生麺のとりごぼうそばといなりずし -"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月14日 (金)

またも老舗消ゆ ・・・ 博多ラーメンよかろう 閉店 - 筑豊麺喰い情報【その39】 -

 愛車を車検に出した帰り道。

 もう1つの用件で穂波界隈を走っていたら、見慣れた景色にいつもとは異なる大きな貼紙。クルマの流れもあって1度は通り過ぎたが、胸騒ぎがして取って返す。


Yokarou_201704

 直感の通り、閉店のお知らせ。屋号には“博多ラーメン”の冠が付くが、久留米系の味わいもある筑豊の老舗ラーメン店、よかろうラーメンが閉店していた。

 つい最近まで、この前を走っていたんで、4月に入って店仕舞いされたのだろうか・・・。
 

続きを読む "またも老舗消ゆ ・・・ 博多ラーメンよかろう 閉店 - 筑豊麺喰い情報【その39】 -"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月15日 (水)

筑豊ラーメンフェスティバル2017 - 筑豊麺喰い情報【その38】 -

 筑豊の春を彩る一大イベントに成長したnoodlenoodlenoodle筑豊ラーメンフェスティバルnoodlenoodlenoodle 今年は、新規参加店舗を加え16店舗で開催sign03


Chikurafess_2017_1

 飯塚、直鞍、田川は言うに及ばず、八幡、小倉まで、筑豊ラーメン勢力圏で鎬を削るラ店の中でも、さらに熱い志を持つ各店舗が、今年もホナジャス駐車場に集結する goodshine


Chikurafess_2017_2

 いつもなら、4月の第2日曜か第3日曜に開かれるのだが、今年は3月最後の日曜(3月26日)に開催。毎年ナニがしかの用事に重なって行けなかったのだが、3月なら今年こそ・・・と思いつつ、ソノ日もやはり、別の用件が.......il||li _| ̄|○ il||li
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2017年3月14日 (火)

原ラーメン店のラーメンとやきめし(小)

 平日だが、ちょっとした用件があって午後から休暇を貰う。で、せっかくなので昼麺(笑)。お目当ての店が休みだったので、行き先とは違う方角だが、原ラーメン店へ。

 お昼時だが、先客は1組。空いていたので、カウンターではなくテーブル席へ。ラーメンとやきめし(小)のオーダー。


Hara_ramen_170314_1

 さほど待たずにご対麺。今日のは泡立ちがスゴい。丼の縁にグルっと泡が(笑)。


Hara_ramen_170314_2

 さぞかし濃い目に仕上がってるかと思いきや、あっさり目の味わい。ココの特長の甘い後口も、すっきりした感じになじんでる。いつもの味も良いが、このあっさり目の煮出し加減もなかなか美味い。


Hara_ramen_170314_3

 そして、コチラもすぐに登場。スープと相性バッチリなやきめし。典型的炭水化物コンボなので、本日は替玉ナシ(爆)。歳をとったせいか、最近はゴマや紅しょうがを入れることが少なくなってきた(笑)。

 お勘定の時、筑豊ラーメンフェスティバル2017のチラシが目に止まり、1枚貰って帰ったトコロ、原ラーメン店さんも出店されるらしい。初出店になるのかな。


noodle 原ラーメン店 : ラーメン 550円、やきめし(小) 300円
           ※ メニューの台の底を見てみると・・・裏メニューがあります(笑)。
house 福岡県飯塚市秋松402 地図 / 定休日 : 木曜
 営業時間 11:00 ~ 20:00
 
 
【追記】
 今年に入って営業を再開していた王ちゃんラーメン@嘉麻市鴨生が、またしばらく休業するとのコト。

【追記2】 (2017/3/19)
 今日、王ちゃんラーメン@嘉麻市鴨生の前を通りがかったら、黄色い暖簾が揺れていて、営業を再開していた ヾ( o・∀)ノ゙ヾ(o・∀・o)ノ゙ヾ(∀・o )ノ゙
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月 1日 (水)

坂谷うどんのラーメン定食

 昨年末からの坂谷うどんの休業。「2月まで休みます」の“~まで”が、1月一杯(2月1日の前まで)を指すのやら、2月一杯(2月28日まで)を指すのやら、カミさんとアレコレ問答していたが、2月の末に店先をのぞいてみると、27日から営業を再開しているらしい。で、3月1日早々、お昼の弁当を注文しそびれていたのもイイ機会だったんで、坂谷うどんへ。

Sakataniudon_170228

 きっとみんな、営業再開を待っていたのだろう。広い駐車場には車がソコソコ停まっている。引き戸を開けると、テーブル席も小上がり席もほぼ満席。カウンターが少々空いていたのが幸いと、ソコへ滑り込む。

 まるっと2ヶ月店を空けていたが、スタッフの顔ぶれも店内の賑わいも、そんなコトは微塵も感じさせない雰囲気。安心して、定番のラーメン定食をオーダー。

Sakataniudon_170301_1
 混んではいたが、さほど待たずに、坂谷うどんさんのラーメンとご対麺。ブランクを全く感じさせない、安定の見栄え。

Sakataniudon_170301_2
 変わらぬ滋味あるイニシエ系の味わいに、ホッとココロが和らぐ。女将さんと常連さんのハナシに聴き耳を立てると、2月に入ったら営業を再開するつもりが、月末まで延びてしまったとのコト。

 ともあれ、坂谷うどんさんが営業を再開したのは、嬉しい限りだ。


noodle 坂谷うどん : ラーメン定食800円、ラーメン 500円
house 福岡県田川市大字猪国555-4 地図 / 定休日 : 毎週、木曜・日曜
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月 4日 (土)

18ラーメン上三緒店のラーメン&替玉

 今週は昼麺をよく啜ったが、週末もやっぱり麺で(笑)。なんやかやで時間が下がってしまったんで、アイドルタイムを気にせずに済む18ラーメン一択で車を走らせる。

 店の横のパチンコ屋の駐車場に車を止め、店内へ。先客は5、6組と、14時を回っているのにナカナカの賑わい。ワタシはラーメンと替玉、カミさんは黒豚チャシューメンの食券を買って、空いていたテープル席へ。

18ramen_170204_1
 若い従業員さん達の元気な声が響く中、それほど待たずにご対麺(あいにく、黒豚チャーシューメンの写真はアリマセン m(_ _)m ただ、以前に比べると、ちょっと分厚くなってましたw)。

18ramen_170204_2
 あっさりした感じの中にも、円かな味わい。280円でも、しっかり豚骨ラーメン。安定の味わいだ。

18ramen_170204_3
 ささっと啜って、替玉を投入。紅しょうがやすりゴマを追加。ラストは辛味ダレを加えて、味の変化を楽しむ。コレで合計380円というのもウレシイ。

 啜ってる途中、カミさんに「280円なんに、何で18ラーメンなん?」と聞かれて、一九ラーメンのフランチャイズ店舗なので、1引いて“18”になっていると説明したまでは良かったが、ソレ以上の詳しいコトは思い出せなかった(笑)。

 で、帰宅後、調べてみると、18ラーメンを紹介した面白い記事が。

  【福岡】本店と変わらぬ旨さを250円で!? 激安博多ラーメンの謎に迫る!

 詳細は記事を見ていただきたいが、18ラーメンの美味さと安さの秘密がしっかり取材されている(上三緒店が30円高い理由もw)。コリャ、このラーメン目当てで来店するお客さんも多いはずだと納得。


noodle 18ラーメン上三緒店 : ラーメン 280円、替玉 100円、黒豚チャーシューメン 480円
house 福岡県飯塚市上三緒628−52 地図 / 定休日 : 火曜日
  営業時間 11:00 ~ 20:00


【余談】
 18ラーメンの帰り、気になって車を寄せてみると、嘉麻らーめんがしばらく休業するとのコト。コリャ困ったな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月22日 (日)

サンポー 焼豚ラーメン×丸幸ラーメン

 地場即席めんメーカーの雄サンポーさんが、焼豚ラーメンコラボ企画の第2弾で繰り出してきた「焼豚ラーメン×丸幸ラーメン」。長浜ナンバーワンさんとのコラボカップめんに続いて、基山の名店丸幸ラーメンセンターさんとのタイアップで商品化sign03

 twitterのタイムラインでも話題になっていたので、近くのドラッグストアでさっそく購入し、ストック。午後から用件があるんで、早めの昼麺ってコトで調理。


Cupmen_170122_1

 フタのデザインは第1弾と同じレイアウトながら、丸幸ラーメンのテーマカラーの赤と黄が目立つデザイン(笑)。ちなみに、サンポーさんのHPには、次のように紹介されている。


商品情報
発売より39年間愛され続けている 「焼豚ラーメン」と、昭和40年創業の九州の名店「丸幸ラーメンセンター」とのコラボ商品です。単なる監修商品ではなく、互いの良い所を凝縮させました。 丸幸ラーメンの特長である濃厚な白濁豚骨スープに仕上げました。 麺には福岡県産小麦「ラー麦」を100%使用した、本格的な豚骨ラーメンです。
 



Cupmen_170122_2

 フタを開けると、小袋は、粉末スープ、定番のハート型の焼豚。あと入れの調味油と紅しょうがの4つ。構成はデフォと変わりないが、ビッグサイズに合わせて調味油が大きくなっている。

 【商品特長】
 ────┬───────────
─────────────────
 めん   │22番切刃で切り出した中細めん。小麦粉にはラー麦を100%使用

        │しており、しっかりとしたコシが味わえます。湯戻り3分。 
 ────┼
─────────────────────────────
 スープ  │丸幸ラーメンの特長であるクリーミーな白濁とんこつスープ風に

        │仕上げました。コクのあるとんこつスープが食欲をそそります。
 ────┼
────────────────────────────
 かやく   │焼豚ラーメンに使用しているおなじみのハート型チャーシュー使用。

        │さらに焼豚ラーメンと丸幸ラーメンの両方の特長である紅しょうが、
        │ねぎ入り。
 ────┴─────────────────────────────



Cupmen_170122_3

 今回も麺には県産小麦ラー麦を100%使用しているが、第1弾よりは少し茶色味がかった感じ。原料由来の色か、はたまた丸幸さんとのコラボで調合が違うのか、実食が楽しみだ。
 

続きを読む "サンポー 焼豚ラーメン×丸幸ラーメン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

はたらく おぢさん | もの喰う日々 | もの喰う日々01.ウチ飯【日々の食卓】 | もの喰う日々02.ウチ飯【酒肴彩々】 | もの喰う日々03.ウチ飯【即席な食卓】 | もの喰う日々04.百薬の長【お酒の紹介】 | もの喰う日々05.名物・銘品・銘菓・お取り寄せ | もの喰う日々06.即席めん・カップめん | もの喰う日々07.弁当・仕出し&駅弁・空弁 | もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】 | もの喰う日々09.ソト飯【うどん・そば】 | もの喰う日々10.ソト飯【和食】 | もの喰う日々11.ソト飯【洋食】 | もの喰う日々12.ソト飯【中華・韓国・焼肉】 | もの喰う日々13.ソト飯【郷土料理・多国籍】 | もの喰う日々14.ソト飯【居酒屋・ビストロ】 | もの喰う日々15.ソト飯【ビュッフェ・ホテル食】 | もの喰う日々16.パーティー・酒宴 | もの喰う日々17.喫茶・BAR・スナック | もの喰う日々18.粉もん・パン | もの喰う日々19.ファストフード・屋台・露天・テイクアウト | もの喰う日々20.もの喰う日々のタネ明かし【レシピ等】 | もの喰う日々21.麺喰い情報 | もの喰う日々22.菓子・スナック | もの喰う日々アーカイブズ | もの思う日々 | サルベージする日々 | ナニごとか為す日々 | 彷徨う日々 | 管理・お知らせ | 食にまつわるエトセトラ