もの喰う日々01.ウチ飯【日々の食卓】

2018年3月 3日 (土)

ひなまつり 2018

 娘の初節句は来年ですが、生まれて最初の3月3日というコトで、カミさんの提案で、お内裏様だけでも出して記念撮影。

20180303
 おかんが作ってくれたちらし寿司とはまぐりのお吸い物で桃の節句のお祝い。

Lunch_180303_1
 錦糸たまごとでんぶの彩りが美しい。

Lunch_180303_2
 中国産だが、おおぶりのはまぐりのお吸い物。わずかな塩しか加えていないとのハナシだったが、とても味わい深い。

Lunch_180303_3
 で、ひなまつりなのであまざけ。朝倉の国菊あまざけ。もちろんノンアル(笑)。

Lunch_180303_4
 ちなみに、お内裏様は今日のウチにサッと仕舞いましたww 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 7日 (日)

七草粥・・・的なナニか

 ワタシにとっての七草粥・・・的なナニか(笑)。
 今日に限らず、毎朝飲んでます


180107

 ふり返ると、16、7年続いてる習慣なんだなぁ・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月18日 (月)

スープの話で2題

 胃を傷めた辺りから、トンと“もの喰う”ハナシをエントリー出来てなかったんで、我が家の夕餉のスープにまつわるハナシをば。

 あるトコロから博多水炊きのスープを戴いていたので、材料を揃えて水炊きに。


Mizutaki_171204_1

 レシピ通りの材料は揃えられなかったが、九州産の骨付鶏肉を使って、チョー久々の博多水炊き(笑)。スープもイイ感じの色合い。


Mizutaki_171204_2

 戴いた水炊きスープはひと袋だったんで、継ぎ足し用のスープを自作。以前、博多水炊きを自作したコトがあったんで、その時の記憶を手繰りつつ、一羽分の鶏ガラ(クビからアバラの部分)と、調理の時に取って置いた手羽先の先の先6本分を煮込んで出汁を取る。コチラもなかなかの色合いと香り(自画自賛・・・爆)。


Mizutaki_171204_3

 で、博多水炊きの名店よろしく、まずは湯呑みでスープをいただく。戴いたスープと自作のスープと両方そうして飲んだが、ドチラもイイ味。ガラだけで長時間煮出した前回と違い、手羽を使用したり、煮立てて冷ますを繰り返したりして、比較的手間も燃料もかけずに美味しいスープが取れた。


Dinner_171207_1

 チョー久々の博多水炊きを自宅で堪能したあと、残った鶏ガラ白湯スープを使ってカミさんが作ってくれたのが太平燕。揚げゆで卵も添えて、なかなか本格的。コリャ、鶏ガラ白湯スープを取るのが楽しくなって来たゾ(笑)。
 

続きを読む "スープの話で2題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月 3日 (木)

梅の土用干し 2017’

 これまでに漬けた梅干しが結構残ってるんで、今年は漬けないつもりだったが、最近、疲労回復に梅干しをよく食べるようになったんで、今年も漬けてもらった。

 今年の夏は、殊に暑い。その暑い真っ盛りの夏の土用に、漬けた梅を陽に晒す。母に無理言って漬けてもらったんで、干し方はコチラが担当(笑)。

 三日ほど炎天下に干し、飴色に漬かっていた梅の実が少し赤みを帯び、中の水分が抜けてシワシワになってきたら、今度は夜半頃から朝にかけて外へ出し、夜露を取る(夜露を浴びさせる)。


Umeboshi_2017

 夜になっても暑い日が続き、夜露が降りるかどうか心配していたが、季節は不思議なモノで、土用を過ぎると、しっかり夜露が降りるようになった。

 で、三晩夜露を取った後。しっかり夜露が付いている。朝、薄暗い台所で撮ったんで、写真の色合いが淡いのはご愛嬌。ホントはもう少し茜色に仕上がっている。

 このあと梅酢に漬け直して、しばらく寝かせたら完成。今年の梅は甘くなるかなぁ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月18日 (日)

川原馬肉専門店のサービスパック

 馬刺が食べたいというオカンのリクエストで、夕餉に川原馬肉専門店のサービスパックを購入。


Dinner_170317_1

 2パック買って、お皿に盛り付け。「いつもとおんなじ皿」とか野暮なツッコミは入れない(笑)。


Dinner_170317_2

 見事な赤身で、スタミナ補給。


horse 川原馬肉専門店 : サービスパック 600円
house 福岡県田川市大字猪国445 地図 / 定休日 : 月曜日
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月13日 (土)

アウトドアリビングへの道半ば(笑)

 西の空に陽が沈む。吹く風も夏のような熱を帯びていないので心地イイ。おあつらえ向きの夕方。

Sky_170513
 先週買い込んだキャンプ用の折りたたみテーブルと折りたたみイスをベランダに持ち出して、晩ご飯。取り掛かりが遅かったんで、用意が出来た時には、辺りはすっかり暗くなってた(笑)。

Dinner_170513_01
 お味噌汁があるトコロが、まさに晩ご飯の延長。ロケーションにはチョット力を入れたが、料理は手抜きが今宵のコンセプト(爆)。買ってきたサンドイッチや巻きずし。オーブンで焼いた冷凍ピザが並ぶ。

Dinner_170513_02
 タブレットでワンセグTV点けてるトコロもお茶の間の延長(笑)。 お手軽な料理が並ぶテーブルだが、外の景色を眺めつつ、夜風に吹かれながらビアグラスを傾けると、イイ気分だ。

Dinner_170513_03
 と、イイ気で夜風に吹かれていたら、だんだん寒くなってきたんで、ベランダから撤収。残った料理で二次会というか飲み直し(笑)。アウトドアリビングへの道はまだまだ半ばだが、コリャ、ウチ飲みが捗るな www
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月 3日 (金)

節分 2017’

 節分なので、豆まき。


Setsubun_2017

 全部は撒かずに、少し残してお酒のアテに(笑)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 3日 (火)

さっそくピザにシフト

 お昼にようやく雑煮を食べたトコロだが、夕食にはピザにシフトしていた。


Dinner_170103_1

 まだまだ、食卓におせちが並ぶ中、ドーンと餅ピザが鎮座まします(笑)。


Dinner_170103_2

 サラミの代わりにかまぼこを使い、ねぎと海苔を散らした和テイストなピザ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雑煮 2017’

 ココ数年、毎年のコトになっているが、今年も雑煮にありついたのは3日(笑)。

 おせちと一緒にいただく。


Lunch170103_1

 我が家の雑煮は、かしわ(=鶏)出汁。焼かずに煮て柔らかくした丸餅(ホントはレンジでチンやけどw)の下に煮た野菜(白菜や大根)を敷き、あらかじめ水煮しておいた水菜、蒲鉾、ちくわなどを添えて完成。


Lunch170103_2

 ちょっとばかり(?)飲み過ぎたカラダに、かしわ出汁がしみじみ(笑)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 1日 (日)

我が家のおせち2017’

 朝こそ寒かったが、日中は陽射しが暖かく、春のような元日。毎年のコトだが、朝から出掛け、夕方帰ってきてようやくお節。毎年同じコトを繰り返せる有り難さを噛み締める1日。


Dinner_170101_1
 毎年同じコトを書いているが、ウチのおせちはごくごくシンプル。お重にも詰めず、器にダイレクト(笑)。

Dinner_170101_2
 カニに数の子に昆布巻。

Dinner_170101_3
 帆立貝柱にイクラ。

Dinner_170101_4
 そして毛ガニ。こうして見ると、北の海の幸が多いな(笑)。

 

続きを読む "我が家のおせち2017’"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

はたらく おぢさん | もの喰う日々 | もの喰う日々01.ウチ飯【日々の食卓】 | もの喰う日々02.ウチ飯【酒肴彩々】 | もの喰う日々03.ウチ飯【即席な食卓】 | もの喰う日々04.百薬の長【お酒の紹介】 | もの喰う日々05.名物・銘品・銘菓・お取り寄せ | もの喰う日々06.即席めん・カップめん | もの喰う日々07.弁当・仕出し&駅弁・空弁 | もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】 | もの喰う日々09.ソト飯【うどん・そば】 | もの喰う日々10.ソト飯【和食】 | もの喰う日々11.ソト飯【洋食】 | もの喰う日々12.ソト飯【中華・韓国・焼肉】 | もの喰う日々13.ソト飯【郷土料理・多国籍】 | もの喰う日々14.ソト飯【居酒屋・ビストロ】 | もの喰う日々15.ソト飯【ビュッフェ・ホテル食】 | もの喰う日々16.パーティー・酒宴 | もの喰う日々17.喫茶・BAR・スナック | もの喰う日々18.粉もん・パン | もの喰う日々19.ファストフード・屋台・露天・テイクアウト | もの喰う日々20.もの喰う日々のタネ明かし【レシピ等】 | もの喰う日々21.麺喰い情報 | もの喰う日々22.菓子・スナック | もの喰う日々アーカイブズ | もの思う日々 | サルベージする日々 | ナニごとか為す日々 | 彷徨う日々 | 管理・お知らせ | 食にまつわるエトセトラ