もの喰う日々06.即席めん・カップめん

2017年1月22日 (日)

サンポー 焼豚ラーメン×丸幸ラーメン

 地場即席めんメーカーの雄サンポーさんが、焼豚ラーメンコラボ企画の第2弾で繰り出してきた「焼豚ラーメン×丸幸ラーメン」。長浜ナンバーワンさんとのコラボカップめんに続いて、基山の名店丸幸ラーメンセンターさんとのタイアップで商品化sign03

 twitterのタイムラインでも話題になっていたので、近くのドラッグストアでさっそく購入し、ストック。午後から用件があるんで、早めの昼麺ってコトで調理。


Cupmen_170122_1

 フタのデザインは第1弾と同じレイアウトながら、丸幸ラーメンのテーマカラーの赤と黄が目立つデザイン(笑)。ちなみに、サンポーさんのHPには、次のように紹介されている。


商品情報
発売より39年間愛され続けている 「焼豚ラーメン」と、昭和40年創業の九州の名店「丸幸ラーメンセンター」とのコラボ商品です。単なる監修商品ではなく、互いの良い所を凝縮させました。 丸幸ラーメンの特長である濃厚な白濁豚骨スープに仕上げました。 麺には福岡県産小麦「ラー麦」を100%使用した、本格的な豚骨ラーメンです。
 



Cupmen_170122_2

 フタを開けると、小袋は、粉末スープ、定番のハート型の焼豚。あと入れの調味油と紅しょうがの4つ。構成はデフォと変わりないが、ビッグサイズに合わせて調味油が大きくなっている。

 【商品特長】
 ────┬───────────
─────────────────
 めん   │22番切刃で切り出した中細めん。小麦粉にはラー麦を100%使用

        │しており、しっかりとしたコシが味わえます。湯戻り3分。 
 ────┼
─────────────────────────────
 スープ  │丸幸ラーメンの特長であるクリーミーな白濁とんこつスープ風に

        │仕上げました。コクのあるとんこつスープが食欲をそそります。
 ────┼
────────────────────────────
 かやく   │焼豚ラーメンに使用しているおなじみのハート型チャーシュー使用。

        │さらに焼豚ラーメンと丸幸ラーメンの両方の特長である紅しょうが、
        │ねぎ入り。
 ────┴─────────────────────────────



Cupmen_170122_3

 今回も麺には県産小麦ラー麦を100%使用しているが、第1弾よりは少し茶色味がかった感じ。原料由来の色か、はたまた丸幸さんとのコラボで調合が違うのか、実食が楽しみだ。
 

続きを読む "サンポー 焼豚ラーメン×丸幸ラーメン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 2日 (月)

2017年の啜り初めは鳥志のとんこつラーメン!

 お正月2日目は、カミさんの実家で、お昼からお節&お酒を戴く。したたかに戴いて、帰ったらバタンキュー(爆)。

 で、夜に目覚めて、ナニか汁気のあるモノを・・・。で、台所を漁ってめっけたのが、鳥志商店のとんこつラーメン。酉年に鳥志のラーメンで、コリャ幸先がイイや、ってまだ酔ってンな(爆)。

Torishiramen_170102_1
 鳥志のラーメンは、即席麺ではピカイチの好物。先日某スーパーで見かけて、さっそくカゴへ入れた(笑)。

Torishiramen_170102_2
 中は、乾麺とスープ。かやくはなしのシンプルな構成。それにスープ。筑後吉井の乾麺は、伝統の鳥志掛。

Torishiramen_170102_3
 お節に用意していた焼豚風のハムと、雑煮用に用意していた水菜を添えて、お正月バージョン! さらに、カミさんの実家から戴いた丸餅を乗せて、力ラーメンに(爆)。

Torishiramen_170102_4
 豚骨スープに、お餅も結構イケる(笑)。


noodle 鳥志商店 : スーパーマーケットで160円前後
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月22日 (土)

セブンプレミアム 具付き味噌ラーメン

 およそひと月ぶりに、飯塚で宴席に加わったが、二次会へ行かず自宅へ直帰(笑)。で、今夜の〆めの一杯は、帰る途中の7-11で買った冷凍の具付き味噌ラーメン


Miso_ramen_161022_1

 前は、キンレイが作っていたと思うが、コレ日清製。具とめんの入った袋を電子レンジで加熱している間に、別袋のスープを丼に溶き入れるタイプ。冷食めんのスタンダードなスタイル。

 で、出来上がり。ちゃちゃっと作ったので、決して美味そうな見た目ではないが、冷食めんにしては、ナカナカの美味さ。


Miso_ramen_161022_2

 具は、角切りチャーシューとメンマとネギ。前のキンレイ製の味の記憶は薄れているが、コチラは味噌の味がグッと強くなっている(その分、出汁の旨さが薄れているかな)。麺は、太さと食感はイイのだが、味噌ラーメンなのでもうちょっと縮れていてくれるとなぁ。角切りチャーシューもイイ味しているんだが、小さめ&少なめでちょっと存在感が・・・。

 ま、300円未満の冷凍インスタント麺に多くを求めちゃねぇ。深夜の〆めには、美味いいっぱいでした(笑)。


noodle 7-11 セプンプレミアム具付き味噌ラーメン : 268円(税込)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月25日 (土)

サンポー 焼豚ラーメン×長浜ナンバーワン

 どうやら、疲れが取れにくい年頃に突入したようだ(爆)。

 エラく行ったり来たりの1週間を過ごした後の今週は、まったくグダグダ。今月初めに下書きしていたこのエントリーも、下書きのまま埋もれてしまいそうな勢い(苦笑)。リハビリがてら、筆を起こすとしますか。


 で、twitterのタイムラインで見かけて気になっていたサンポー焼豚ラーメン×長浜ナンバーワン

 焼豚ラーメンでその名を馳せる、地場メーカーの雄サンポーさんと、長浜屋台に起源を持つ、創業45年の長浜ナンバーワンさんがコラボしたカップ麺。時々行くスーパーで見つけて、デフォの約2倍という価格にチョット尻込みしたが、ついカゴに投入(笑)。

 
商品情報
発売から38年の焼豚ラーメンと創業45年の長浜ナンバーワン、九州でお馴染みの人気ラーメンブランドが手を組み、単なる監修商品ではなく互いの長所を活かしあった良いとこ取りの商品に仕上げました。濃厚で風味のよいとんこつ味に、お馴染みのハート型チャーシューと長浜ナンバーワンらしくたっぷりのねぎをトッピング。硬さ調節のできるめんは福岡県産のラーメン専用小麦「ラー麦」を100%使用。めん量90gのビッグカップタイプです。
 



Cupmen_160605_1

 焼豚ラーメンのデザインを半々に区切り、白と黒のコントラストを際立たせた目立つ作り。価格のせいか、ビッグサイズになっている。

 
【商品特長】
 ● めん:22番切刃で切り出した中細めん。小麦粉にはラー麦を100%使用しており、
   しっかりとしたコシが味わえます。湯戻りはフツウ3分、カタメ2分30秒。
 ──────────────
─────────────────────
 ● スープ:長浜ナンバーワンの丁寧に炊き込まれた甘めのとんこつスープ風に仕上
   げました。濃厚で風味よく香るとんこつスープが食欲をそそります。
 ───────────────────────────────────
 ● かやく:焼豚ラーメンに使用しているおなじみのハート型チャーシュー使用。さらに
   長浜ナンバーワンらしくたっぷりのねぎを合わせました。
 


 県産小麦ラー麦を100%使用し、もどし時間でカタ麺をチョイス出来るという麺に、期待が膨らむ。果たして、スナックめんでドコまで表現できるか楽しみだ。
 

続きを読む "サンポー 焼豚ラーメン×長浜ナンバーワン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年5月15日 (日)

暑かった日には、冷たい冷麺 - 五木食品の冷し中華 -

 ソレにしても今日は暑かった。暑かった日の夕食には、涼やかなメニューをと考え、冷麺がイイなぁ、というハナシになったのだが、出掛けたスーパーの陳列には、チルドの冷麺はほとんど残っていなかった(笑)。みんな考えるコトは同じなんかなぁ、と思いつつ、半生麺の五木冷し中華を購入。


Dinner_160515_1

 ハムではなく、刻みチャーシューが売ってたので、ソレもドカッと乗せると、イイ感じ。たっぷり具だくさん。


Dinner_160515_2

 五木冷し中華の麺は、角切りの細麺なので、仕上がりがコノ辺のラーメン屋さんの冷麺に近い。タレにごま油は入っているが、もう少しプラスして、ごまの風味たっぷりの冷麺に。

 暑さと午前中の疲れで食欲が落ちそうだったが、冷たいすっきりしたメニューで、しっかり食べられた(笑)。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年2月11日 (木)

ワタシも「10分カップめん」にチャレンジ!

 先日やなさんツイートで話題になってた10分どん兵衛。いつかやってみようと思いつつ、今朝タイムラインを眺めていて、デイリーポータルZに面白い記事を見つけた。

『10分どん兵衛』を超える10分カップ麺を見つけた

10分どん兵衛。あれだ、伸びたどん兵衛がうまいってやつ。
なんか数ヶ月前にヒットしたそうでネットでちょいちょい名前
を見る。

(中略)直球のネタが抜けていた。

『10分待っておいしいカップ麺が他にもあるんじゃないか?』

探してみました。


てなカンジで、さまざまなカップめんのもどし時間10分に挑戦していたが、デフォのもどし時間が5分のモノとノンフライカップめんが適しているようだ(オドロキの結末は記事をどうぞ!)。

 で、天気もイイので時間に任せてアレコレやってる間に、もうコンナ時間。休日恒例の昼麺を啜りに出掛けるには・・・と思っていると、視線の先にカップめんが。しかも地場メーカーの5分モノがあった(笑)。


Cupmen_160211_1

 そう。地元即席めんメーカーの雄、マルタイさんの長崎ちゃんぽんだ。最近は、麺につるつるした食感ともちっとした弾力がUPして、美味しさが向上している。我が家の常備麺だ。


Cupmen_160211_2

 やかんをレンジにかけ、フタを開ける。小袋は、粉末スープ、かやく、調味油、ミックススパイスの4つ。粉末スープとかやくは先入れなので、お湯を注ぐ前に麺の上にあける。

 よく沸騰させたお湯を内側の先まで注いで、10分待つ。
 

続きを読む "ワタシも「10分カップめん」にチャレンジ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年7月18日 (土)

エースコック JANJAN ソース焼そば

 カップめんエントリー続きでナンですが(笑)、ワタシお気に入りのカップ焼きそばが、近くのドラッグストアで100円未満で特売されていたんで、値上げ値上げのご時世で財布の紐が硬くなっていたワタシも、さっそく2個購入(ソレでも2個かいヾ(゚Д゚ )ォィォィ ww)。


Cupmen_150712_1

 四角い縦型カップが特徴的な、エースコックJANJANソース焼そば


Cupmen_150712_2

女性をメインターゲットにした手軽に食べられるタテ型カップ焼そば。
焼そば市場に衝撃を与えた発売当時のデザインで復活!!


めん自体にソースの旨みをギュッと詰め込んだ練りこみめんです。
10種類の野菜と果実が入った自然な旨みと甘みのあるブレンドソースに鰹の風味を加え、食欲をそそる香りと飽きのこない味に仕上げました。
シャキシャキとした食感の良いキャベツを加えました



 と、HPにある通り、ソースを練り込んだめんは、調理前からソース色。かやくはキャベツのみだが、分量は比較的多い。めんの量は85gと、通常のカップ焼きそば(100g前後)よりやや少なめ。


Cupmen_150712_3

 小袋の写真を撮り忘れてしまったが、小袋はソースのみとシンプル。女性をメインターゲットにしているためか、青のり等はなし。また、ソース練り込みめんのためか、ソースの量も少なめ。
 

続きを読む "エースコック JANJAN ソース焼そば"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日清 焼すぱ 下町ナポリタン

 直方名物のB級グルメとして数年前から盛り上がっている、直方焼きスパ。その焼きスパが、まさかの全国展開!? と思わせるようなカップめん日清さんから発売された。


Cupmen_150613_1

 今年4月初旬の発売開始に、直方市も一瞬色めき立った。

直方グルメ:全国発進!? 日清の「焼すぱ」 /福岡

 直方市のB級グルメが全国進出? 日清食品は今月、インスタント麺「焼すぱ下町ナポリタン」を全国で新発売した。

 焼きスパは直方市の明治町商店街に1990年代まであった喫茶店「夕焼け」の名物メニュー。キャベツ、タマネギ、豚肉を入れるのがお約束だ。懐かしむ声が高まって2010年に復活し、市内約30店で食べられる。

 一方、「焼すぱ下町ナポリタン」の具材はハム、ピーマン、パプリカ。直方焼きスパとは違う。日清食品広報部は「首都圏でナポリタンがブームになっており、昭和のイメージで開発した」とし、残念ながら「特定の場所をイメージしたわけではない」とのこと。

  (中略)

 広報部は「直方とのコラボレーションを提案いただければ」と水を向ける。直方市観光物産振興協会の武宮美紀事務局長は「『焼きスパ広め隊』の皆さんともアイデアを話し合いたい」と歓迎している。

毎日新聞 2015年04月17日 地方版


 というワケで、直方の焼きスパとは全然関係なかったのだが、焼きそば系カップめんの変わり種として興味があったので、購入。


Cupmen_150613_2

 フタを開けると、小袋は粉末ソースと調味オイルの2袋。かやくが麺と同梱なのはU.F.O.と共通。


Cupmen_150613_3

 “フライパンで炒めたような、昔懐かしいB級ナポリタン!”がコンセプトのこのカップめんは、果たしてどんな出来上がりになるのか・・・。
 

続きを読む "日清 焼すぱ 下町ナポリタン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年5月 9日 (土)

ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ

 諸物価高騰の折、200円超えのリッチ系カップ麺にはとんと手が出なかったのだが、とあるコンビニで、久々に凄麺見たなぁ・・・と通り過ぎた後、思わず二度見(笑)。「九州・一番食品と共同開発」という文字に釣られて、カップを手に取りレジへ(爆)。


Cupmen_150509_1

 カップのデザインは、いかにも博多ラーメン的な面立ちを、全面にプリントしている。ニュータッチ商品ページを見てみると、

 ────┬──────────────────────────
 めん   │博多豚骨ラーメンらしさを麺質で追求した本格細ストレート
        │
ノンフライ麺。麺厚約1.20mm 湯戻し90秒
 ────┼
──────────────────────────
 スープ  │国産の豚骨を専用の釜でしっかりと炊き出した風味の強い
       │
スープをベースに、炒めた豚肉のペーストを加えコクを出した、
        │豚本来の旨みを最大限に引き出した濃厚なスープです。
 ────┼
──────────────────────────
 具材    │チャーシュー、すりごま、ネギ、キクラゲ、紅生姜(別添)
 ────┴──────────
────────────────

とある。果たして、麺の出来が素晴らしい凄麺の豚骨味。知る人ぞ知る業務用スープの雄、一番食品との共同開発によって生み出された一杯。その仕上がりは如何に??


Cupmen_150509_2

 フタを開け、小袋を取り出すと、後入れの粉末&液体スープ、かやく、紅生姜の4つ。スープが粉末と液体に分かれているトコロは、リッチ系カップ麺の定石か。


Cupmen_150509_3

 麺はこの通り。麺をゆるやかにまとめて乾燥させているトコロは、ストレート細麺の戻りを考えた製法か? 湯戻し90秒なだけに、素早い仕上げが求められる。
 

続きを読む "ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月22日 (日)

サッポロ一番 いなば食品監修 チキンとタイカレー味 イエローカレーヌードル

 久々のカップ麺エントリーで、調子に乗ってもういっちょ(笑)。

 最近、ビールのアテにちょいちょい食べるいなばタイカレー缶。その味を再現したスナックが登場していたが、そのムーブメントは、ついにカップ麺にまで及んだ ww

 近所のドラッグストアに、サッポロ一番の「いなば食品監修 チキンとタイカレー味」が手頃なお値段で売っていたので、モノは試しと、イエローカレーヌードルを購入。


Cupmen_150308_1

 上蓋のデザインからして、いなばタイカレー缶を再現している。上からのパッと見、いなばの缶詰そのものにも見えなくはない(笑)。サッポロ一番のHPを見てみると、

 
  スープと絡みの良くするために味付けしためんは、表面に張りがあり、しなやかで喉越しの良いめんです。スープは、チキンのうまみにココナッツミルクのコクを合わせ、レモングラスやカフィルライムをきかせたスパイシーなタイ風イエローカレースープです。具材は、うまみのある鶏肉に、赤ピーマンとネギを合わせ、彩り良く仕上げました。

 

Cupmen_150308_2

とのコト。カップの横面にもシッカリ書いてある。ただ、いなばを原料にしているのではなく、味の再現であることが明記してある w 
 

続きを読む "サッポロ一番 いなば食品監修 チキンとタイカレー味 イエローカレーヌードル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

はたらく おぢさん | もの喰う日々 | もの喰う日々01.ウチ飯【日々の食卓】 | もの喰う日々02.ウチ飯【酒肴彩々】 | もの喰う日々03.ウチ飯【即席な食卓】 | もの喰う日々04.百薬の長【お酒の紹介】 | もの喰う日々05.名物・銘品・銘菓・お取り寄せ | もの喰う日々06.即席めん・カップめん | もの喰う日々07.弁当・仕出し&駅弁・空弁 | もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】 | もの喰う日々09.ソト飯【うどん・そば】 | もの喰う日々10.ソト飯【和食】 | もの喰う日々11.ソト飯【洋食】 | もの喰う日々12.ソト飯【中華・韓国・焼肉】 | もの喰う日々13.ソト飯【郷土料理・多国籍】 | もの喰う日々14.ソト飯【居酒屋・ビストロ】 | もの喰う日々15.ソト飯【ビュッフェ・ホテル食】 | もの喰う日々16.パーティー・酒宴 | もの喰う日々17.喫茶・BAR・スナック | もの喰う日々18.粉もん・パン | もの喰う日々19.ファストフード・屋台・露天・テイクアウト | もの喰う日々20.もの喰う日々のタネ明かし【レシピ等】 | もの喰う日々21.麺喰い情報 | もの喰う日々22.菓子・スナック | もの喰う日々アーカイブズ | もの思う日々 | サルベージする日々 | ナニごとか為す日々 | 彷徨う日々 | 管理・お知らせ | 食にまつわるエトセトラ