食にまつわるエトセトラ

2017年8月 3日 (木)

梅の土用干し 2017’

 これまでに漬けた梅干しが結構残ってるんで、今年は漬けないつもりだったが、最近、疲労回復に梅干しをよく食べるようになったんで、今年も漬けてもらった。

 今年の夏は、殊に暑い。その暑い真っ盛りの夏の土用に、漬けた梅を陽に晒す。母に無理言って漬けてもらったんで、干し方はコチラが担当(笑)。

 三日ほど炎天下に干し、飴色に漬かっていた梅の実が少し赤みを帯び、中の水分が抜けてシワシワになってきたら、今度は夜半頃から朝にかけて外へ出し、夜露を取る(夜露を浴びさせる)。


Umeboshi_2017

 夜になっても暑い日が続き、夜露が降りるかどうか心配していたが、季節は不思議なモノで、土用を過ぎると、しっかり夜露が降りるようになった。

 で、三晩夜露を取った後。しっかり夜露が付いている。朝、薄暗い台所で撮ったんで、写真の色合いが淡いのはご愛嬌。ホントはもう少し茜色に仕上がっている。

 このあと梅酢に漬け直して、しばらく寝かせたら完成。今年の梅は甘くなるかなぁ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月 4日 (土)

はちやのたぬきといなりずし

 昨日飲み会で某所に車を置いたままにしていたんで、ピックアップがてら週末恒例の昼麺ドライブ。今日ははちやへ。

 メニューを見て、以前から気になっていた、あんかけうどんに甘きつねが入った「たぬき」といなりずしをオーダー。しかしソレにしても、油揚げが入ってて、なんで「たぬき」なんだろう?


Hachiya_170305_1

 ややあって、「たぬき」とご対麺。とろんとした餡が器にたっぷり張られている。


Hachiya_170305_2

 面立ちは、油揚げをほぼ中心に、刻みネギとカマボコ。そして、おろし生姜が添えてある。


Hachiya_170305_3

 ココのいなりずしは、単なる酢飯ではなく、ゴマや細かく刻んだニンジンなど、具入りのいなりずしで、やや大きめ。ってか、油揚げづくしやなぁ(笑)。
 

続きを読む "はちやのたぬきといなりずし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 3日 (火)

雑煮 2017’

 ココ数年、毎年のコトになっているが、今年も雑煮にありついたのは3日(笑)。

 おせちと一緒にいただく。


Lunch170103_1

 我が家の雑煮は、かしわ(=鶏)出汁。焼かずに煮て柔らかくした丸餅(ホントはレンジでチンやけどw)の下に煮た野菜(白菜や大根)を敷き、あらかじめ水煮しておいた水菜、蒲鉾、ちくわなどを添えて完成。


Lunch170103_2

 ちょっとばかり(?)飲み過ぎたカラダに、かしわ出汁がしみじみ(笑)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 1日 (日)

我が家のおせち2017’

 朝こそ寒かったが、日中は陽射しが暖かく、春のような元日。毎年のコトだが、朝から出掛け、夕方帰ってきてようやくお節。毎年同じコトを繰り返せる有り難さを噛み締める1日。


Dinner_170101_1
 毎年同じコトを書いているが、ウチのおせちはごくごくシンプル。お重にも詰めず、器にダイレクト(笑)。

Dinner_170101_2
 カニに数の子に昆布巻。

Dinner_170101_3
 帆立貝柱にイクラ。

Dinner_170101_4
 そして毛ガニ。こうして見ると、北の海の幸が多いな(笑)。

 

続きを読む "我が家のおせち2017’"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月24日 (月)

秋の味覚

 秋の味覚。叔母からいただいた桑野の新米で味めし。

 炊き込みご飯のコトを、ウチでは味めしと呼ぶ。他に、かしわめしとか五目ごはん、かやくごはんとも呼ばれていると思うが、それだけ、色々な土地の、それぞれの食卓に上るので、呼び方も様々なのだろう。


Dinner_161024

 様々なのは、中に入る具も、地方や各家庭で異なっているんだろうなぁ。ちなみにウチでは、カミさんが作るようになって、こんにゃくが入るようになった(入らない時もあるがw)。

 秋の味覚をご飯にするといえば、栗ごはんや栗おこわも代表格。亡き親父は栗ごはんが好きだったんで、昔は毎年秋になると何回か栗ごはんが出てきたが、ワタシは余り好みではなかった(苦笑)。したがって、親父が亡くなってからは、ほとんど食卓に上らない。

 歳月(としつき)で、食卓も様変わりしていくモノなんだな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月 6日 (火)

実りの秋、食欲の秋に・・・

 今シーズン1つも台風上陸のなかった九州に、台風12号が接近して、週末の予定変更やら台風準備やらで、さんざ振り回されたココ数日。海上ではなく、陸地近くでノロノロしたせいか、長崎に上陸した時には、すっかりボリュームダウン。おかげで、平穏な月曜日を迎えられた。

Sky_160904_3

 しかし、九州に大きな被害が少なかった分、コレまでの台風が上陸・通過した東北・北海道には、大きな傷跡が残っている。


タマネギ高騰、佐賀で「べと病」 北海道も台風続き、1個100円も

 タマネギが高騰している。生産量全国2位の佐賀県で生育不良を引き起こす「べと病」が流行して記録的不作となったのに加え、全国一の産地北海道も相次ぐ台風被害で物流が混乱し、小ぶりな上に普段の2倍近い「1個100円」も珍しくない状況となっている。道産のシェアが高いジャガイモやニンジンなども値上がり傾向にあるという。

(中略)

 関係者の間では、全国シェア6割の北海道産が大量に出回り始めれば価格は落ち着くとの見方もあったが、JA北海道中央会などによると、台風の影響で、タマネギの一大産地、北見市を中心に少なくとも約381ヘクタールの畑が冠水。倒木などで貨物列車の路線が寸断されて作物の出荷自体が停滞しており、品薄感が価格を押し上げているという。

(中略)

 福岡大同青果によると、道産シェアが約8割のジャガイモ、9割を超えるニンジンとカボチャでも流通が滞る恐れがあり、福岡市内の大手スーパーでは、既にジャガイモやニンジンは値上がりしているという。

 ジャガイモ生産量2位の長崎県では台風12号の接近と「秋ジャガ」の植え付け時期が重なり、県担当者は「雨次第では、8月下旬から植え付けた種芋が流される懸念もある」と警戒している。
2016/09/05付 西日本新聞朝刊


 春から初夏にかけての長雨で、九州の玉ねぎが不作だったトコロに持ってきて、今夏の台風で、一大産地の北海道でも大打撃を受けている。いや、玉ねぎだけではなく、じゃがいもや人参にも影響が及びそうだ。
 

続きを読む "実りの秋、食欲の秋に・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年8月30日 (火)

リッツやオレオが消える?

 今年の春頃から報道されていたが、8月一杯でリッツやオレオを製造していたヤマサキナビスコと、米モンデリーズ・インターナショナルとの契約が切れるらしい。


Yamazaki_nabisco_1

 
ヤマザキナビスコ、オレオやリッツの製造終了へ 8月末


 山崎製パンは12日、クラッカー「リッツ」「プレミアム」、クッキー「オレオ」「チップスアホイ」の4製品の製造を8月末で終えると発表した。商標を持つ米モンデリーズ・インターナショナルとの契約が切れるため。9月からはモンデリーズ日本法人が基本的に販売を引き継ぐ。

 これらを製造販売してきたのは山崎の子会社「ヤマザキナビスコ」。リッツは1971年、オレオは87年からのロングセラーで、4製品の年間売上高は計約150億円だった。

 モンデリーズは世界的菓子メーカーで、日本ではガム「クロレッツ」やキャンディー「キシリクリスタル」を扱う。同社によると「リッツ」「オレオ」の具体的な製造や販売体制は、これから決める。

 「ナビスコ」もモンデリーズの商標なので、「ヤマザキナビスコ」は9月から社名を「ヤマザキビスケット」に変える。山崎によると17年12月以降は「リッツ」や「オレオ」と似た商品の製造や販売の制限が解除されるため、競合商品の発売も視野に入れている。

朝日新聞デジタル 2016年2月12日20時47分


 引用が長くなったが、昔、お菓子の品数が今のように数多くなかった頃、クラッカーと言えば、このリッツだった(あたり前田のクラッカーは、近くに余り売ってなかったw)。

 決して、暮らしに余裕のある家ではなかった(笑)ので、パッケージに書いてあったようなカナッペ風な食べ方なぞ、ついぞできるはずもなく、そのままボリボリ食べていた。ま、今も変わりないが(爆)。


Yamazaki_nabisco_2

 9月からは、社名が「ヤマサキナビスコ」から「ヤマザキビスケット」に変わる。契約終了で、似た商品を作っていいらしいが、半世紀近く親しまれた名前とデザインを失って、「ヤマザキビスケット」も難しい船出を余儀なくされそうだ。

 ただ、この契約終了の裏側には、企業のプライドを賭けた駆け引きがあったようだ。
 

続きを読む "リッツやオレオが消える?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年7月30日 (土)

梅の土用干し 2016’

 今日は土用の丑の日。クリスマスの鶏や七面鳥のように、鰻には災厄な季節。そんなワケで、我が家ではこの時期鰻の蒲焼を食べない・・・。というより、単にフトコロが心もとないのがホントの理由なんですがね(爆)。

 で、夏の土用といえば、我が家の恒例行事。梅の土用干し。


Umeboshi_2016_1

 塩漬けしていた梅を、土用の入りから数日間天日に干す。しっかり干せたら、今度は約3日ほど、夜、外に出して、夜露を取る(夜露を浴びさせる)。こうすることで、甘味が増し、皮が柔らかくなる。

 今年は梅をちぎりに行けなかったので、買ってきた梅なのだが、ふっくらした良い漬け具合になっている。


Umeboshi_2016_2

 屋内に引き上げてから時間が経って分かりづらいが、今朝もしっかり夜露が降りていた。この後、濾した漬け汁に戻し、塩もみした赤紫蘇と一緒に漬け込んで、梅干しの仕上げ。

 申年の梅は、縁起が良いとか身体に良いとか耳にするが、そこら辺はともかく、申年は梅が不作なコトも多いらしい。現に、今年は青梅が少し高かった。貴重な申年の梅干しの出来上がりが待ち遠しい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年5月 4日 (水)

ココもついに値上げか・・・ - からあげ大将牛隈店のラーメンセット -

 昨日の電車旅が堪えたか、チョットばかり朝寝坊。連休はありがたい(笑)。で、洗濯を1本すませて、今日の昼麺っと。

 カミさんと、ココ何回かフラれどおしだったからあげ大将牛隈店へ。2台分くらいしか空いていなかった駐車場に、なんとかクルマをねじ込んで、店内へ。ラッキーなコトに、テーブル席が1卓空いていたんでソコへ座る。


Karaagetaishou_160504_0

 メニューというか店内の貼紙を見ると、今年の4月1日から値上げをしたようで、ラーメン類が50円UP。A・Bの2種類あったセットメニューが、からあげとのセットのみに(コチラは80円UP)。ただ、ライスとみそ汁とセットのからあげ定食が新登場していた。ライスも少しUPしたようだが、替玉が100円と、ココが据え置きなのは嬉しい。

 ワタシはラーメンセット、カミさんはラーメンをオーダー。


Karaagetaishou_160504_1_3

 まず、からあげ登場。揚げたてアツアツのからあげが5個。カミさんとシェア。パリパリ、カリカリの食感とジューシーな鶏肉、そして絶妙な味付けがgood! 衣は薄いのだが、どうやったらコンナ風にパリッと揚がるんだろうか? と、カミさんと首をひねる。
 

続きを読む "ココもついに値上げか・・・ - からあげ大将牛隈店のラーメンセット -"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年5月 3日 (火)

聖地巡礼 焼きうどん発祥の地へ - だるま堂の焼きうどん -

 とある用件で小倉へ。ただ目的地へサクっと行くだけぢゃモッタイナイんで、電車に揺られて小倉へ。 

 好物の小倉駅7・8番ホームのかしわうどんも啜りたかったのだが、今日のお目当ては、以前から気になっていた鳥町食道街にある“焼きうどん発祥の地”だるま堂さん。薄い記憶をたどりながら京町商店街※リンク先BGMあり・・・音量注意)をウロウロ(笑)。

 で、なんとか鳥町食道街にたどり着き、だるま堂に到着。暖簾をくぐると、ほぼ満席状態だったが、先客さんが席を2つ空けてくれた。


Darumadou_160503_1

 1間半ぐらいの間口そのままの店内は、調理場を囲むL字型のカウンターに、6、7席ほど。団体さんが来るとすぐに満席になりそうな大きさ。ただ、店を切り盛りするおばぁちゃん(つか、女将さんかw)1人では、この席数がベストなんでしょう。

 で、迷わず、焼きうどんをオーダー(というか、メニューは「焼きうどん」と「天まど」の2つしかない)。

 年季の入った鉄板に豚の脂を延ばし、キャベツとタマネギ、茹で置きした干うどんを広げて炒めていく。カップに入ったソースをかけ、魚粉をまぶして出来上がり。


Darumadou_160503_2

 お待ちかねのひと皿は、シンプルな仕上がり。ところどころにイイ感じの焦げ目が出来ている。ワタシが1皿目を受け取ると、「女性が先っ!」と、女将さんに言われてしまった。女将さん、こそっとお茶目(笑)。ちゃんと、カミさんに渡そうと思ってたんですけどね。
 

続きを読む "聖地巡礼 焼きうどん発祥の地へ - だるま堂の焼きうどん -"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

はたらく おぢさん | もの喰う日々 | もの喰う日々01.ウチ飯【日々の食卓】 | もの喰う日々02.ウチ飯【酒肴彩々】 | もの喰う日々03.ウチ飯【即席な食卓】 | もの喰う日々04.百薬の長【お酒の紹介】 | もの喰う日々05.名物・銘品・銘菓・お取り寄せ | もの喰う日々06.即席めん・カップめん | もの喰う日々07.弁当・仕出し&駅弁・空弁 | もの喰う日々08.ソト飯【ラーメン・チャンポン】 | もの喰う日々09.ソト飯【うどん・そば】 | もの喰う日々10.ソト飯【和食】 | もの喰う日々11.ソト飯【洋食】 | もの喰う日々12.ソト飯【中華・韓国・焼肉】 | もの喰う日々13.ソト飯【郷土料理・多国籍】 | もの喰う日々14.ソト飯【居酒屋・ビストロ】 | もの喰う日々15.ソト飯【ビュッフェ・ホテル食】 | もの喰う日々16.パーティー・酒宴 | もの喰う日々17.喫茶・BAR・スナック | もの喰う日々18.粉もん・パン | もの喰う日々19.ファストフード・屋台・露天・テイクアウト | もの喰う日々20.もの喰う日々のタネ明かし【レシピ等】 | もの喰う日々21.麺喰い情報 | もの喰う日々22.菓子・スナック | もの喰う日々アーカイブズ | もの思う日々 | サルベージする日々 | ナニごとか為す日々 | 彷徨う日々 | 管理・お知らせ | 食にまつわるエトセトラ